1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ボヘミアン・ラプソディ
  4. 全身全霊でフレディ・マーキュリーになりきった、ラミ・マレックのアプローチ『ボヘミアン・ラプソディ』
全身全霊でフレディ・マーキュリーになりきった、ラミ・マレックのアプローチ『ボヘミアン・ラプソディ』

全身全霊でフレディ・マーキュリーになりきった、ラミ・マレックのアプローチ『ボヘミアン・ラプソディ』


監督降板も乗り越えた、奇跡レベルの「クイーン」の再生



 こうしたラミ・マレックの努力に加え、今回の映画にブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮でバックアップしたことも大きな助けになった。彼らはキャストたちに当時のメンバー同士の関係性も伝え、撮影を見守ったのである。


 ブライアン役のグウィリム・リーは、「ボヘミアン・ラプソディ」のギターソロのシーンを撮影していたとき、ブライアン本人から「ギターの弦を押し上げて音階を変えるチョーキングの際に、顔をしかめて見せるといい」とアドバイスされ、そのとおりに演じた。そしてロジャー・テイラーも、自分を演じるベン・ハーディに「ドラムを特訓させるのではなく、スティックをくるりと回すなど、見た目の秘訣を伝授した」と語る。




 本人の助言も後押しして、クイーンのメンバーを演じた4人は、単なるそっくりではなく、長年のファンが観ても、その関係性や空気感といった最も重要な部分を納得させる。


 この映画『ボヘミアン・ラプソディ』はブライアン・シンガーが監督として撮影が始まったものの、彼が途中から現場を離れ、一時は完成も危ぶまれた。撮影の終盤と仕上げを任されたデクスター・フレッチャーは、ベン・ウィショーがフレディ役を演じる可能性があった時点で、監督に想定されていた人物である。フレッチャーは、『ダウンタウン物語』(76年)のベビーフェイス役など子役から活躍していた俳優兼監督だ(彼の次回作はエルトン・ジョンの伝記映画『ロケットマン(原題)』である)。


 こうした監督降板劇がありながら、『ボヘミアン・ラプソディ』が文句のない仕上がりになったのは、やはりブライアンとロジャーの全面協力と、キャストたちが完全に役になりきったからであろう。とくにラミ・マレックは、今はこの世にいないフレディ・マーキュリーの魂が降りて来たと思わずにはいられない。そのことをラミに伝えると、こんな答えが返ってきた。




 「僕に魂が降りて来たかどうかはわからない。でも、撮影の期間中、ずっとフレディに見られている感覚はあった。だからこそ、一瞬も気が抜けなかったし、一度たりとも運に任せようなどとは思わなかった。そして撮影の最終日、ステージでお辞儀をするラストカットで、僕はフレディの魂を近くに感じた気がする」


 もしフレディの魂が存在していたとしたら、おそらく彼が愛したロンドンの自宅で、敷地内に日本庭園まで作らせた「ガーデン・ロッジ」のあたりをさまよい続けているかもしれない。しかしその魂は『ボヘミアン・ラプソディ』の撮影中、ラミ・マレックを見守り、今は映画の仕上がりに満足しているに違いない。



ロンドンの中心地から地下鉄で15分ほどの住宅地にたたずむ、フレディの自宅「ガーデン・ロッジ」。誕生日や命日には、今もこの壁にファンの献花が捧げられる。(撮影:斉藤博昭)



文: 斉藤博昭

1997年にフリーとなり、映画誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。スターチャンネルの番組「GO!シアター」では最新公開作品を紹介。 



『ボヘミアン・ラプソディ』を今すぐ予約する↓



作品情報を見る



『ボヘミアン・ラプソディ』

2018年11月9日(金) 全国ロードショー

配給:20世紀フォックス映画

© 2018 Twentieth Century Fox


※2018年11月記事掲載時の情報です。

PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

新着うんちく

NEWS / 特集

人気うんちく

上映中のおすすめ作品

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ボヘミアン・ラプソディ
  4. 全身全霊でフレディ・マーキュリーになりきった、ラミ・マレックのアプローチ『ボヘミアン・ラプソディ』