1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ナチュラル・ボーン・キラーズ
  4. 物議を醸した問題作『ナチュラル・ボーン・キラーズ』のクレージーな内幕を暴く!
物議を醸した問題作『ナチュラル・ボーン・キラーズ』のクレージーな内幕を暴く!

物議を醸した問題作『ナチュラル・ボーン・キラーズ』のクレージーな内幕を暴く!


完成、公開、そしてさらに大きな混乱の余波



 難局を経て完成した『NBK』は、さらなる騒動に見舞われる。またしてもタランティーノの登場だ。『パルプ・フィクション』でカンヌ映画祭グランプリを受賞し、飛ぶ鳥を落とす勢いの彼は、同作のプロモーションで訪れた国々で、『NBK』に対して悪態を突いていた。後発で世界プロモーションをすることになったストーンには大きな痛手だ。どの国のジャーナリストにも、「タランティーノさんの脚本に、いったいどんなひどいことをしたんですか?」と問われるハメになる。”フィルムメーカー同士は揉めるべからず”という哲学を持っているストーンに、後輩を悪く言うつもりはなかったが、それでも困惑しつつ、こう答えた。


 「クエンティンほど急激な成功を収めたフィルムメーカーはいない。でも彼は『NBK』を見てもいない。それで批判をしているなら傲慢に他ならない」 弁の立つタランティーノは、ストーンにこう答えた。「『NBK』を見ずに批判していると言えば、少しはオリバーの顔も立てられるかな、と思ったんだ」




 1994年に『NBK』が公開されるや、案の定、物議を醸すことになった。映画宣伝にひと役買うはずのメディアは、映画のメディア批判に対して腹を立てる。評論家には「騒々しい映画」とのレッテルを貼られる。さらに悪いことに、公開後にはミッキー&マロリーを真似た模倣犯が現実の世界に出現。ストーン監督とワーナーは連続殺人を誘発したとして、訴訟に巻き込まれる。むろん映画に罪はない。2001年、米最高裁は訴えを棄却する。


 『NBK』の騒動に疲れ果てたたと思いきや、ストーンはさらに『ニクソン』(95)という問題作を放つ。続く『Uターン』(97)ではショーン・ペンを主演に迎えて彼と和解。99年の『エニイ・ギブン・サンデー』では『NBK』と同様の無数のカットと楽曲を駆使して、プロアメフト会の内幕を暴いた。「映画は破壊分子となり、限界に挑む義務がある」――ブルーレイ『NBK』の音声解説の締めで、ストーンはそう語っている。心を乱さずにおかない、この衝撃作を、あなたはどう受け止めるだろう?



文:相馬学

情報誌編集を経てフリーライターに。『SCREEN』『DVD&動画配信でーた』『シネマスクエア』等の雑誌や、劇場用パンフレット、映画サイト「シネマトゥデイ」などで記事やレビューを執筆。スターチャンネル「GO!シアター」に出演中。趣味でクラブイベントを主宰。



今すぐ観る 


作品情報を見る 



『ナチュラル・ボーン・キラーズ』

ブルーレイ ¥2,381+税/DVD特別版 ¥1,429 +税

ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

© 1994 Warner Bros., Monarchy Enterprises B.V. and Regency Entertainment (USA) inc. All rights reserved.

PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

新着うんちく

NEWS / 特集

人気うんちく

上映中のおすすめ作品

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ナチュラル・ボーン・キラーズ
  4. 物議を醸した問題作『ナチュラル・ボーン・キラーズ』のクレージーな内幕を暴く!