1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ザ・ロック
  4. 『ザ・ロック』マイケル・ベイ×クエンティン・タランティーノ!?テイストの全く違う二人がまさかの融合!
『ザ・ロック』マイケル・ベイ×クエンティン・タランティーノ!?テイストの全く違う二人がまさかの融合!

『ザ・ロック』マイケル・ベイ×クエンティン・タランティーノ!?テイストの全く違う二人がまさかの融合!

Index


難攻不落の刑務所をめぐるアクション快作



 今でこそ『アルマゲドン』や『トランスフォーマー』などの巨大なダム建設のような超大作で知られるマイケル・ベイ監督だが、その源泉をたどっていくと『バッドボーイズ』や『ザ・ロック』などの“しなやかさ”を持った快作へと行き着く。とりわけ『ザ・ロック』は彼の長編2作目にしてすでにベテランの風格さえ漂う傑作アクションに仕上がっており、主演のショーン・コネリーをして「私の90年代の出演作の中でもトップ・クラスのお気に入り」と言わしめるほどだ。


 タイトルの“ザ・ロック”とは米国のサンフランシスコ湾に浮かぶアルカトラズ島の異名。この地では60年代まで数々の凶悪犯を収容する連邦刑務所が運営され、監視の目が厳しい上に湾内は潮の流れも速く、脱獄不可能と謳われてきた。だがある日、国防省に不満を持つハメル准将(エド・ハリス)率いる部隊が島内を占拠したことから、その地は難攻不落の要塞と化す。彼らは毒ガスを搭載したミサイルの照準をサンフランシスコへ合わせ、「市民を救いたければ1億ドルを支払え」と要求。




 この一大事に対応すべくFBIは毒ガスのスペシャリストであるスタンリー(ニコラス・ケイジ)を現地へ向かわせる。ただし、“ザ・ロック”は付け焼き刃の知識で潜入できる場所ではない。そこで案内役として名が挙がるのが、かつてこの地から唯一脱獄に成功した男、メイソン(ショーン・コネリー)である。30年ものあいだ別の刑務所に収監されている彼は、元英国の秘密情報部員でありSAS大尉という経歴の持ち主でもある。この一件に協力すれば恩赦を与えるとの条件付きで、島への案内を承諾するのだが・・・。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

おすすめの
関連映画

関連する商品

  • タランティーノを時代の寵児に押し上げたカンヌ国際映画祭パルムドール『パルプ・フィクション』
  • タランティーノが同じくノークレジットで脚本参加した『クリムゾン・タイド』
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ザ・ロック
  4. 『ザ・ロック』マイケル・ベイ×クエンティン・タランティーノ!?テイストの全く違う二人がまさかの融合!