1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. グリーンブック
  4. 男二人の心の曲線を描き、あの『アラビアのロレンス』にも重なる『グリーンブック』
男二人の心の曲線を描き、あの『アラビアのロレンス』にも重なる『グリーンブック』

男二人の心の曲線を描き、あの『アラビアのロレンス』にも重なる『グリーンブック』


深読みしたくなる、チラリと登場する名作との関係



 こうした「アーク」の見事さで、重ね合わせたくなる名作がある。『グリーンブック』の背景になったのが、1962年。その年に公開された、『アラビアのロレンス』である。『グリーンブック』のあるシーンに、一瞬だけ映画館が登場するが、その外観に目を凝らすと上映されている作品が『アラビアのロレンス』であることがわかる。その年を代表する名作なので、これは必然かもしれない。


 しかし深読みすれば『グリーンブック』と『アラビアのロレンス』には、いくつかの濃厚なつながりを発見できるだろう。『アラビアのロレンス』の主人公、T.E.ロレンスは第一次世界大戦中、将校として中東戦線でイギリス軍を率いた。劇中ではイギリス人のロレンスと、ハリト族の首長アリという、まさに文化も価値観も異なる男同士の心の交流がキーポイントとなる。ロレンスが地平線を見つめながら、アリが来るのを待つシーンなど、『グリーンブ ック』にも状況は違えど似た描写があった りと、その他にも「深読み」による共通点がいくつか発見可能だ。



 そしてあまりに劇的なアークを描き、壮大なロマンという印象の『アラビアのロレンス』だが、じつは一人の男のささやかな物語でもあり、意外なほどサラリとした映画の幕切れがそれを象徴している。『グリーンブック』もまた然りで、同じような感覚がもたらされるのだ。


 このような『ロレンス』との関係は、おそらく監督のピーター・ファレリーが意図したものではないだろう。しかしこうした深読みをすることこそ、映画好きの楽しみではないか。『アラビアのロレンス』が第35回アカデミー賞で作品賞ほか7部門受賞という快挙を成し遂げたように、『グリーンブック』も第91回アカデミー賞作品賞を見事に受賞した。作品の評価としても同じような「アーク」をたどったのである。



文: 斉藤博昭

1997年にフリーとなり、映画誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。スターチャンネルの番組「GO!シアター」では最新公開作品を紹介。 






作品情報を見る



『グリーンブック』

3月1日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

配給:ギャガ 公式サイト:https://gaga.ne.jp/greenbook/

(c)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.


※2019年2月記事掲載時の情報です。

PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

新着うんちく

NEWS / 特集

人気うんちく

上映中のおすすめ作品

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. グリーンブック
  4. 男二人の心の曲線を描き、あの『アラビアのロレンス』にも重なる『グリーンブック』