1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. バイス
  4. 『バイス』監督の命まで救った!?クリスチャン・ベールの徹底した役作り
『バイス』監督の命まで救った!?クリスチャン・ベールの徹底した役作り

『バイス』監督の命まで救った!?クリスチャン・ベールの徹底した役作り


ポジティブな視点で人物像に迫る。ベールが投げかけた提言とは?



 さらにもう一つ、ベールはこの役を演じるにあたってマッケイ監督に対し一つの条件を出したという。それは決してチェイニーを悪人だと決めつけないこと。右とか左とかそういう政治理念はひとまず脇に置いて「我々はポジティブな視点で彼の人物像に迫るべき」と提言したのだ。彼はこう続ける。


 「これは予測不能な映画だ。いかなる政治思想を持つ人であっても、必ず驚き、魅せられるはず。そのために僕らはまず誠実にチェイニーを受け入れる必要があった」




 その結果、『バイス』は単に誰かを糾弾したり、揶揄するのとは違う、一つの骨太さを獲得した作品となった。政治映画というよりも、ある意味、シェイクスピア的であり、ギリシア悲劇的だし、突き詰めていくと「悪徳」というタイトルからは想像もつかないようなラブストーリーやファミリードラマの原型が浮かび上がってくる。それはベールの提言が、しっかりとこの映画に実った証し。こういった透徹した姿勢があったからこそ、本作は、観る者を圧倒する見事な人間ドラマに仕上がったのだろう。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. バイス
  4. 『バイス』監督の命まで救った!?クリスチャン・ベールの徹底した役作り