1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ダークナイト
  4. 『ダークナイト』IMAXフィルム撮影を劇映画に取り入れたノーランの野心とは
『ダークナイト』IMAXフィルム撮影を劇映画に取り入れたノーランの野心とは

『ダークナイト』IMAXフィルム撮影を劇映画に取り入れたノーランの野心とは

Index


大きな可能性を求めて導入されたIMAXフィルム撮影



 クリストファー・ノーランが無類のIMAX好きであることは、作品全体の7割以上をIMAXカメラで撮影した『 ダンケルク』を例に取るまでもなく、多くの映画ファンに知られていることだろう。IMAXといっても現在主流になっているデジタルのIMAXではない。そもそもIMAXは、70mmフィルム(フィルム幅が70㎜)を横に使うことで、従来の35㎜フィルムより約8倍の情報量/高画質を実現したフォーマットで、ノーランはこの70㎜フィルムを使った撮影と上映に執着にも似たこだわりを持っているのだ。




 ノーランが自作に初めてIMAXを取り入れたのが、ノーランによるバットマン映画の第二弾で、ジョーカー役を怪演したヒース・レジャーにオスカー像をもたらした『ダークナイト』だった。フィルムならではの質感と他の追随を許さない高画質を誇るIMAXだが、撮影機材が巨大で重量があり、また、一度に3分程度しか回せない、ポストプロダクションも高価であることなどから劇映画の現場ではあまり使われず、IMAX専用シアター向けの短編や中編、とりわけ大自然や宇宙などの教育系ドキュメンタリーに重宝されていた。ところがノーランは、IMAXに大きな可能性を感じており、『ダークナイト』で初めて劇映画の撮影に本格的に導入したのである。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ダークナイト
  4. 『ダークナイト』IMAXフィルム撮影を劇映画に取り入れたノーランの野心とは