1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
  4. 四大怪獣の激突を描く『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に見る“ゴジラ愛”とは
四大怪獣の激突を描く『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に見る“ゴジラ愛”とは

四大怪獣の激突を描く『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に見る“ゴジラ愛”とは

Index


全編に溢れかえった“日本製ゴジラ”の片鱗



 ゴジラ生誕65周年を迎える今年2019年、怪獣王ゴジラが再びスクリーンで咆哮する。本作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(19)は、怪獣王ゴジラを筆頭に、火山の翼獣ラドン、自然の守護者モスラ、そして“モンスターゼロ”ことキングギドラが一堂に会す、超大作である。先史時代の四大怪獣が猛り狂う本作は、まさに“地球最大の決戦”といったところだ。




 ギャレス・エドワーズ監督の前作『GODZILLA ゴジラ』(14)は、日本における原子力発電所の倒壊事故と、周辺地域の封鎖という場面を挿入し、リアリティに満ちたシリアスな背景を用意。怪獣王の設定には、大戸島に伝わる海神“呉爾羅(ゴジラ)”の逸話と、度重なる水爆実験によって覚醒したとする出自を付与した。これは初代『ゴジラ』(54)の設定を引き継ぐもので、前作はこのようなリスペクトを感じさせてくれた。


 このような下敷きの上で今作は、日本の東宝ゴジラの精神がさらに増幅し、まさしく全編にわたって鼓動している。日本製ゴジラへの愛は、前作以上に確固たるものとなった。それは、今作におけるゴジラのデザインを指しても、だ。今作でのゴジラは、前作のデザインを踏襲しつつ、背びれは初代『ゴジラ』の造形を再現し、足をすこし太く設定した。全体的な容姿は、前作『GODZILLA ゴジラ』のイメージを崩すことなく、初代ゴジラとの融合を見せ、手がたくリファインされている。




 また、今作で特筆すべきは劇中スコアであろう。『シンクロナイズドモンスター』(16)『クローバーフィールド・パラドックス』(18)などで近年注目を集める作曲家ベアー・マクレアリーは、『ゴジラ』シリーズには欠かせない、伊福部昭の“あのテーマ曲”をアレンジし、怪獣激突のバトル・シーケンスで大胆に響かせている。加えて、古関裕而の作曲による名曲「モスラの歌」までが、作中のある印象的なシーンでゆるやかに旋律しているのだ。




 また、本作のエンドロールの最後には、ある日本人ふたりの名前がクレジットされている。ひとりは『ゴジラ対へドラ』(71)の監督で、本作の製作総指揮を務めた坂野義光、もうひとりは初代『ゴジラ』ほか昭和シリーズでゴジラのスーツアクターを務めた中島春雄だ(どちらも2017年に故人となった)。この映画は、伊福部昭の名曲で贈るエンドロールと、ロールの最後に記したふたりへの献辞とともに幕を閉じる。まさに映画の“ゴジラ愛”はエンドロールにまで溢れかえっているのだ。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
  4. 四大怪獣の激突を描く『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に見る“ゴジラ愛”とは