1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 燃えよドラゴン
  4. ブルース・リーからの福音書『燃えよドラゴン』の「考えるな!感じろ!」とは?
ブルース・リーからの福音書『燃えよドラゴン』の「考えるな!感じろ!」とは?

ブルース・リーからの福音書『燃えよドラゴン』の「考えるな!感じろ!」とは?

Index


ブルース・リーは神



 現在アメリカで「Bruce Lee Official Collector's Edition」という雑誌が刊行されている。その名の通り、毎号ブルース・リーの情報が掲載されている。21世紀の今、現役の雑誌である。この事態を「何をいまさら!」と思う人はいないハズだ。むしろその事実を知り「なぜ日本で刊行されないのか!?」と憤る声があがるのは火を見るよりも明らかだ。


 また、人間であれば誰しも、好きな相手に告白をする前日や、失敗の出来ない取引先へのプレゼン前に、ブルース・リーの映画を観て気合いを注入していることと思う。


 現在香港でデモをしている人々のスローガンは、ブルースの名言「水になれ!(Be Water)」であることからも、ブルースの社会的な役割は、完全に「神」と同じ(もちろんそれ以上ではあるが、古い神様に敬意を表しへりくだっておこう)である。



 その「神」がフィルムに残した「福音書」と言えるのが『燃えよドラゴン』だ。本項では、その中で語られる「言葉」について解説を試みようと思う。では、先を進める前にブルースが好きだった言葉を引用をしよう。


 「わたしのお茶を味わっていただくために、あなたのカップを空にしていただかなくてはいけません。」


 アチョー!



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 燃えよドラゴン
  4. ブルース・リーからの福音書『燃えよドラゴン』の「考えるな!感じろ!」とは?