1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. トレーニングデイ
  4. 『トレーニングデイ』デンゼル・ワシントンのオスカー受賞演技や本物のギャングが描く、リアルなロサンゼルス
『トレーニングデイ』デンゼル・ワシントンのオスカー受賞演技や本物のギャングが描く、リアルなロサンゼルス

(c)Photofest / Getty Images

『トレーニングデイ』デンゼル・ワシントンのオスカー受賞演技や本物のギャングが描く、リアルなロサンゼルス

PAGES


本物のギャングが裏方に



 ロサンゼルスと言えば、ギャングである。全米で勢力を伸ばすギャング、ブラッズとクリップスも、ロサンゼルスで生まれた。映画『カラーズ/天使の消えた街』(88)でも分かるように、彼らは色分けされている。ブラッズはその名前を意味する血の色の赤、そしてクリップスは青である。本作に出演するギャングはほぼ赤、つまりブラッズのメンバーであることを意味している。


 本作でブラッズのメンバーが占めたことには理由がある。実際のギャングのアジトがある地域で撮影する場合、地元の本物のギャングにおぜん立てをしてもらわないとスムーズに撮影が出来ない。今回は、クレ・”ボーン”・スローンという男が撮影の協力をし、本編ではセリフまである役も貰っている。そのスローンが、ブラッズ出身なのである。



 スローンは、現在もTVシリーズ『サンズ・オブ・アナーキー』(08-14)や、『ルディ・レイ・ムーア』(19)にて、テクニカル・アドバイザーという肩書で、撮影協力をしている。また、『ストレイト・アウタ・コンプトン』撮影中には、映画の内容に激怒したシュグ・ナイトに襲撃され、怪我を負った。


 スローンのようなテクニカル・アドバイザーを雇うようになったのは本作からであり、それだけ本作がリアルさにこだわった証拠である。


 まさに、映画製作のプロ集団と本物のギャングが集結し、よりリアルに正真正銘のロサンゼルスを映し出そうとした作品だ。そこには私たちがイメージするロサンゼルスの燦々と輝く太陽も、そびえ立つヤシの木も、地平線に続く青い海など、全くなかったのである。



PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. トレーニングデイ
  4. 『トレーニングデイ』デンゼル・ワシントンのオスカー受賞演技や本物のギャングが描く、リアルなロサンゼルス