1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ブルース・ブラザース
  4. 製作から40年超、今も衰えぬ『ブルース・ブラザース』の破壊力とは?
製作から40年超、今も衰えぬ『ブルース・ブラザース』の破壊力とは?

(c)Photofest / Getty Images

製作から40年超、今も衰えぬ『ブルース・ブラザース』の破壊力とは?

PAGES


奇跡の続編、そして唯一無二のマスターピースへ



 観客を大いに熱狂させた『ブルース・ブラザース』は後のソフト化によってさらに人気を高め、18年後の1998年には続編『ブルース・ブラザース2000』が製作された。1982年に亡くなったベルーシの不在は残念ではあったが、エリック・クラプトンスティーヴ・ウィンウッドボ・ディドリードクター・ジョンなど共演バンドの顔ぶれが、とてつもなくゴージャスで、音楽ファンならずとも見逃せないものとなった。



 先に述べたとおり、ベルーシは『ブルース・ブラザース』公開の2年後、ドラッグの過剰摂取により、33歳の若さで世を去る。当時彼のジャンキー仲間だったというキャリー・フィッシャーも2016年に逝去。キャロウェイやブラウン、フランクリン、チャールズも鬼籍に入った。ランディス監督は健在だが、近年は活動のニュースを聞くことがなくなってしまった。本作の関係者にまつわる現在進行のニュースといえば、エイクロイドが来年公開の『ゴーストバスターズ2020』の撮影を終えたことくらいだ。


 それにしても今、振り返ると、こんなハチャメチャな映画が、よく作れたものだ…と思える。作り手も、出演者も、アーティストたちも、本作の強烈な熱に惹かれて集まった。21世紀のハリウッドの大手スタジオも合理性重視で、こんな冒険的なエンタメ大作の製作は困難になっている。『ブルース・ブラザース』は、1980年のあのとき、様々な人間の熱量によって完成し得た、唯一無二の作品と言うべきだろう。



文: 相馬学

情報誌編集を経てフリーライターに。『SCREEN』『DVD&動画配信でーた』『シネマスクエア』等の雑誌や、劇場用パンフレット、映画サイト「シネマトゥデイ」などで記事やレビューを執筆。スターチャンネル「GO!シアター」に出演中。趣味でクラブイベントを主宰。



作品情報を見る


今すぐ観る




『ブルース・ブラザース』

Blu-ray: 1,886 円+税/DVD: 1,429 円+税

発売元: NBCユニバーサル・エンターテイメント 

※ 2019 年11月の情報です。

(C) 1980 Universal Studios. All Rights Reserved. 


(c)Photofest / Getty Images

PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ブルース・ブラザース
  4. 製作から40年超、今も衰えぬ『ブルース・ブラザース』の破壊力とは?