1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. マリッジ・ストーリー
  4. 『マリッジ・ストーリー』愛は変わらず、夫婦は終わる――揺れる“心”を綴った悲喜劇
『マリッジ・ストーリー』愛は変わらず、夫婦は終わる――揺れる“心”を綴った悲喜劇

『マリッジ・ストーリー』愛は変わらず、夫婦は終わる――揺れる“心”を綴った悲喜劇

Index


この悲喜劇は、私たちの日常そのもの



 離れていく心、壊れゆく絆。愛し合っていた夫婦の終焉。


 きっとこれは、ストレートなラブストーリーではない。ただ、ここまで真摯に、繊細かつ平等に夫婦の姿を見つめた映画は、他に見当たらない。


 疑いようのない、愛の傑作だ。


 アカデミー賞の脚本賞候補にもなった『イカとクジラ』(05)のノア・バームバック監督が手掛けた『マリッジ・ストーリー』(19)は、離婚を決意した夫婦の歩みと心象を、切なくも温かくつづった一作。


 『パターソン』(16)から『スター・ウォーズ』シリーズまで幅広く活躍するアダム・ドライバーと、『アベンジャーズ』シリーズから『ロスト・イン・トランスレーション』(03)までこれまたどんな作品でも存在感を発揮してきたスカーレット・ヨハンソンが主演。エンタメ大作/アート映画の両方で評価されてきた2人の神髄が詰まった作品に仕上がっている。



 劇団を率いる演出家の夫チャーリー(ドライバー)と俳優の妻ニコール(ヨハンソン)は、ニューヨークで息子と暮らす3人家族。夫に愛情を抱きつつも、すれ違いが重なり、「自分の人生を生きたい」と思うようになったニコールは、チャーリーとの離婚を決意する。話し合いの結果、2人は弁護士を立てず、円満な協議離婚を行おうとしたが、お互いへの不満や行き場のない感情が妨げとなり、ついには弁護士を立てた裁判に発展してしまう……。


 バームバック監督の特徴は、『フランシス・ハ』(12)でも『ヤング・アダルト・ニューヨーク』(14)でも、『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』(17)でも、悲喜劇を描いてきたことだろう。孤独や家族、愛といったテーマを、「悲喜」をない交ぜにして探求する人間味豊かな作家性。だからこそ彼の作品には「共感性」と「味わい深さ」が宿り、アカデミー賞のほかカンヌ国際映画祭やニューヨーク映画祭などで高評価を得てきた。




 切ないのに温かい。甘くも苦い。彼の作品の“風味”は、雨の日もあれば晴れの日もある私たちの日常そのものだ。バームバック監督の最高傑作との呼び声も高い『マリッジ・ストーリー』は、ヴェネツィア国際映画祭、トロント国際映画祭、ゴッサム・アワード、インディペンデント・スピリット賞などで好評を博し、アメリカ最大の映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では11月23日現在、96%の高得点を獲得している。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. マリッジ・ストーリー
  4. 『マリッジ・ストーリー』愛は変わらず、夫婦は終わる――揺れる“心”を綴った悲喜劇