1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ファーゴ
  4. 『ファーゴ』幸せは、欲を超えたところにある。コーエン兄弟の傑作、その魅力
『ファーゴ』幸せは、欲を超えたところにある。コーエン兄弟の傑作、その魅力

(C)2014 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

『ファーゴ』幸せは、欲を超えたところにある。コーエン兄弟の傑作、その魅力


随所に生きるトボケたユーモア



 コーエン兄弟の作品で、もっとも特徴的なのはトボケたユーモア。『ファーゴ』はおそらく、そのトボケ感がもっとも色濃く出た作品だ。まずは、タイトルの“ファーゴ”。これはノースダコタ州の町の名だが、そこはジェリーがカール&ゲアと取引する際の舞台としてわずかに冒頭に登場するのみ。以降はミネソタ州ブレイナードが舞台となる。コーエン兄弟によると、”ブレイナード”よりも”ファーゴ”の方が響きがクールだからタイトルにしたというから、なんとも人を食っている。


 さらに人を食っているのが、”この映画は実話に基づいている”という、オープニングのテロップ。確かに実際に起こった事件からヒントを得ているが、ほとんどがコーエン兄弟の創作。彼らによると、このテロップは”映画を普通のスリラーとして見ないように”という心の準備を、観客にさせるためのものだったという。

 

(C)2014 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.


 会話のリズムも独特のユルさがある。現場検証中のマージと同僚との会話は、ここが殺人現場であることを忘れさせるほど、のんびりしたテンポ。日本の観客には少々わかりづらいが、キャラクターのミネソタ訛りも田舎町の空気感を醸し出す。ミネソタの観客の中には、このユーモアが理解できず、自分たちがバカにされていると感じた人もいたというが、もちろんミネソタで生まれ育ったコーエン兄弟に、そんな意図はない。マージの夫ノームを演じたジョン・キャロル・リンチをはじめ、出演者の多くはミネソタ出身。また、ジェリーの妻を演じたクリステン・ルドルードは、まさしくファーゴの生まれである。


 ちなみに、撮影が行なわれた冬は、ミネソタ州は記録的な暖冬で、降雪量はおそろしく少なかった。そのため、コーエン兄弟は雪景色を求めて、ノースダコタにまでロケーションを広げたという。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ファーゴ
  4. 『ファーゴ』幸せは、欲を超えたところにある。コーエン兄弟の傑作、その魅力