1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. スカーフェイス
  4. 『スカーフェイス』50秒に1回「FUCK!」を連呼!サイコーにサイテーな真性不良映画※注!ネタバレ含みます。
『スカーフェイス』50秒に1回「FUCK!」を連呼!サイコーにサイテーな真性不良映画※注!ネタバレ含みます。

(c)Photofest / Getty Images

『スカーフェイス』50秒に1回「FUCK!」を連呼!サイコーにサイテーな真性不良映画※注!ネタバレ含みます。

※本記事は物語の結末に触れているため、映画をご覧になってから読むことをお勧めします。

Index


50秒に1回「FUCK!」が連呼される真性不良映画



 キューバからやってきた青年トニー・モンタナ(アル・パチーノ)が、麻薬王として君臨し、そして自滅していくまでを描いた『スカーフェイス』(83)は、サイコーにサイテーな真性不良映画だ。


 何がスゴイって、映画で連呼される「FUCK!」の回数がスゴイ。その数、何と197回!上映時間が170分だから、およそ50秒に1回は「FUCK!」と叫んでいる計算になる。これは公開された1983年時点で、最も「FUCK!」ワードが登場する映画となった。2011年には、『スカーフェイス』のブルーレイが発売されることを記念して、「FUCK!」だけを集めた特別予告編「FUCK’in トレーラー」が作られたほど。



 電動ノコギリで人を惨殺しちゃうような、暴力シーンもスゴイ。その過激さゆえに、MPAA(アメリカ映画協会)は『スカーフェイス』をX指定(成人映画)に。これを受けて監督のブライアン・デ・パルマは再編集を行うが、結果は変わらずX指定。二度目の再編集も、三度目の再編集もX指定が揺らぐことはなく、頭にきたデ・パルマはこれ以上の編集作業を拒否。本物の麻薬担当官を招聘してMPAAとのミーティングを行い、「この映画は、麻薬地下組織の実態を正確に描写しており、反麻薬映画として作られている。多くの観客に鑑賞してもらうべきだ」と主張した。


 その甲斐あって、なんとかR指定(17際未満は親の同伴が必要)の認可を得るが、要は『スカーフェイス』の暴力描写は、成人映画級のヤバさだったということ!真性不良映画の名にふさわしいエピソードだ。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. スカーフェイス
  4. 『スカーフェイス』50秒に1回「FUCK!」を連呼!サイコーにサイテーな真性不良映画※注!ネタバレ含みます。