1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. レ・ミゼラブル
  4. 『レ・ミゼラブル』パリ郊外、絶望と怒りが示す世界の縮図
『レ・ミゼラブル』パリ郊外、絶望と怒りが示す世界の縮図

『レ・ミゼラブル』パリ郊外、絶望と怒りが示す世界の縮図

Index


ヴィクトル・ユーゴーが舞台にした街の今



 2018年のサッカー・ワールドカップ、フランスが20年ぶりの優勝を果たした瞬間。凱旋門の周辺には多くのアフリカ移民たちが集結、決勝戦で4点目のゴールを決めた、カメルーンにルーツを持つエムバペの名前を叫び続ける。群衆の中にはトリコロールのフランス国旗をマントのように羽織る者もいる。


 しかし、この後に展開するドラマは、同じ旗の下に集い暮らす人々の出口のない絶望を描き、見る者全員を同じ淵に追い詰める。本年度のアカデミー国際長編映画賞にノミネートされた本作は、同部門と作品賞を制覇した韓国映画『パラサイト 半地下の家族』(19)にも勝る痛烈な手法で、分断された社会の現実を映し出す。



 舞台は、パリ郊外。高速道路の整備によって流通から取り残され、今はスラム化してしまったモンフェルメイユのボスケ団地。モンフェルメイユは文豪ヴィクトル・ユーゴーの代表作『レ・ミゼラブル』の舞台として知られる街だ。物語の案内人は、シェルブールからやって来た新任刑事のステファン。ステファンは、ボスケの治安を守るベテラン警官クリスと、アフリカ移民のグワダが率いる犯罪防止班に配属され、ボスケの複雑に絡み合った現実を初日のパトロールで目の当たりにする。


 率直に言って、この冒頭の数分間で紹介される街の勢力分布図が、物語の重要な鍵になっている。その複雑怪奇なる風景は、まるで映画のために書かれたフィクションのようだが、実はそうではない。本作が長編デビュー作の新鋭、ラジ・リ監督は、モンフェルメイユで生まれ育ち、今もその地に暮らす文字通りのネイティブ。描かれる事柄は監督自身の実体験に基づいているのだ。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. レ・ミゼラブル
  4. 『レ・ミゼラブル』パリ郊外、絶望と怒りが示す世界の縮図