1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ブレードランナー
  4. 『ブレードランナー』英国からやってきた男、リドリー・スコットの孤独な闘い
『ブレードランナー』英国からやってきた男、リドリー・スコットの孤独な闘い

『ブレードランナー』英国からやってきた男、リドリー・スコットの孤独な闘い


「ファイナル・カット」とは何か?



 悪夢のような撮影を何とか終え、編集を経て試写を迎えた『ブレード・ランナー』であるが、その結果は芳しくなかった。とにかく難解で、よく理解できなかったという意見が多かったという。製作陣は大慌てで脚本家にナレーション原稿を書かせ、ハリソン・フォードを呼び出してナレーションの追加録音を行った。そして、状況説明をわかりやすくするように追加編集を施した。リドリー・スコットはナレーションには反対だったというが、製作陣はファイナル・カットの権利を行使して作品に手を加えていったのである。


 前述の通り「ファイナル・カット」とは最終編集権のことであり、当時プロデューサーではないリドリー・スコットはこの権利を持っていなかったのだ。


 そうして1982年『ブレードランナー』は公開された。しかし当時大ヒットしてた『E.T』などのいわゆる「明るいSF」と対照的な本作はそれほど観客には受け入れられず、ヒットに恵まれることはなかった。評価も賛否両論で、これまで見たことのない圧倒的な世界観に熱狂する人々もいれば、難解で退屈と否定する人々も少なくなかったという。




 あれほど闘い抜いて撮り上げた作品が、完成直前でファイナル・カットを行使され、自分の意思とは違うものが世に出てしまったリドリー・スコット。彼の悔恨は想像に難く無い。


 しかしその後、着実に巨匠への階段を駆け上がっていったリドリーは、自身で『ブレードランナー』を再編集する機会に恵まれるのである。1992年に『ディレクターズカット』を、2007年にはデジタルリマスターを施したその名も『ファイナル・カット』を製作。公開から実に25年の時を経て、リドリー・スコットが本当に作りたかったものがようやく完成したのである。


 映画製作には膨大な数の人間が携わることとなる。映画は誰のものか?その答えは決して一つではない。しかし、35年以上経った今でも『ブレードランナー』が色褪せない輝きを放っているのは、リドリー・スコットの闘いがあったからこそと言っても、過言ではないだろう。


参考資料:『デンジャラス・デイズ:メイキング・オブ・ブレードランナー




文:CINEMORE編集部 F

CINEMOREの編集部員兼ライター。映画のめざめは『グーニーズ』と『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』。最近のお気に入りは、黒澤明や小津安二郎など4Kデジタルリマスターのクラシック作品。



今すぐ観る


作品情報を見る 




 

ブレードランナー ファイナル・カット

日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ(3枚組) ¥5,990+税

ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

TM & (c)2017 The Blade Runner Partnership. All Rights Reserved.

PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

おすすめの
関連映画

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ブレードランナー
  4. 『ブレードランナー』英国からやってきた男、リドリー・スコットの孤独な闘い