1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. プラトーン
  4. 『プラトーン』ベトナムでの「自分」を再現することで生まれた戦争映画の傑作 ※注!ネタバレ含みます。
『プラトーン』ベトナムでの「自分」を再現することで生まれた戦争映画の傑作 ※注!ネタバレ含みます。

(C)2014 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

『プラトーン』ベトナムでの「自分」を再現することで生まれた戦争映画の傑作 ※注!ネタバレ含みます。


※本記事は物語の結末に触れているため、映画をご覧になってから読むことをお勧めします。


Index


「地ベタの目線」で作られた、それまでになかったベトナム戦争映画



 1986年12月、『プラトーン』はニューヨーク、ロサンゼルス、トロントのわずか6館の映画館でひっそりと公開された。予算わずか600万ドル(当時のハリウッド映画の平均的予算の半分)で製作された同作は、ビッグスターどころか女性も一切出演しておらず、配給会社からはヒットしないと見られていた。しかし、ニューヨークでは、公開初日から人々が映画館に列をなし、1週間の興行収入の新記録を樹立。瞬く間に公開は全米に広がり、アメリカ国内だけで製作費の20倍以上となる1億3千万ドルを稼ぎ出した。


 さらに『プラトーン』はアカデミー賞で、作品賞、監督賞など主要4部門を受賞、オリバー・ストーン監督の名を世界に知らしめた。本作への賛辞で最も的を射ているのは「ロサンゼルス・タイムズ」の記事だろう。「この作品と比べると、過去の戦争映画は、その最高傑作でさえ、遠くからクレーン・ショットでこわごわと撮った作品に見えてくる…プラトーンは地上ゼロメートルで撮られた映画である」


 『プラトーン』以前にベトナム戦争を描いた作品はいくつもある。『地獄の黙示録』(79)、『ディア・ハンター』(78)、『帰郷』(78)。さらには『ランボー』(82)もベトナム戦争の後遺症に苦しむ兵士を描いた点で、ベトナムものに数えられる。これらの作品はベトナムの戦場で何が起きていたかを断片的に、時に大きな脚色をもって描いたが、『プラトーン』は全くちがったアプローチをとっていた。



 ストーンは1967年から1年5か月もの間、ベトナムの戦場で一兵士として戦った。『プラトーン』は劇映画だが、そこで描かれる戦闘やエピソードのほとんどは彼が戦場で体験した事実をほぼそのまま再現している。つまり同作はひとりの兵士が見た戦場のルポルタージュだったのだ。


 ストーンは当時を振り返りこう語る。「俺は人が死んでいくのを見た。俺は人を殺した。俺はもう少しで殺されそうになった。…おそらく、俺はなんらかの理由があってすくわれたのだろう。なにかをするために。たぶん、この経験を書くためなのだろう。この経験を映画にするためなのだろう」


 ベトナムから帰還したストーンは、大学で映画を学び、精力的に脚本を執筆した。そして1976年、遂に『プラトーン』にとりかかり、わずか3週間ほどでシナリオを完成させた。「俺は思い出せるかぎり、できるだけストレートに、このシナリオを書いたんだ」


 しかし、その脚本はどの映画会社からも突き返された。76年はベトナム戦争終結からまだ1年余り、アメリカが史上初めて味わった「敗戦」の苦味が人々の間にまだ生々しく残っていた。しかし、80年代を迎えると風向きが変わった。先述のベトナムものが盛んに製作されたことで、『プラトーン』の製作にもGOサインが出された。脚本執筆から10年を経て、ついに撮影がスタートしたのだ。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. プラトーン
  4. 『プラトーン』ベトナムでの「自分」を再現することで生まれた戦争映画の傑作 ※注!ネタバレ含みます。