1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 天使にラブ・ソングを…
  4. 『天使にラブ・ソングを…』エネルギッシュ&多幸感あふれる名作で、実現しなかった幻のキャスティングとは?
『天使にラブ・ソングを…』エネルギッシュ&多幸感あふれる名作で、実現しなかった幻のキャスティングとは?

『天使にラブ・ソングを…』エネルギッシュ&多幸感あふれる名作で、実現しなかった幻のキャスティングとは?

PAGES


脚本家が変名でクレジットされた経緯



 だが、本作に関しては、最初の発案者もラドニックだし、最も長く脚本執筆に時間と情熱を注いだのもラドニックだ。それゆえ、エンド・クレジットを載せる段階では、制作陣から「ぜひ君の名前を」と言われたそうだ。


 当のラドニックは「もはや自分の手を離れてしまった」と完成版を見る気も起こらなかったようだが、それでも相手に説得され、変名で載せることに合意したそうだ。それゆえ本作の脚本家名には、何の思い入れも香ばしさもない「ジョセフ・ハワード」という名前が無味乾燥に刻まれている。


 その後、ラドニックは小説、エッセイ、戯曲、脚本と幅広く執筆を手掛け、代表作には『アダムス・ファミリー2』(93)、『ステップフォード・ワイフ』(04)、『イン&アウト』(97)などがある。


 一方、彼がたった一度だけ名乗った変名「ジョセフ・ハワード」は、その後も本人とはパラレルなところで大活躍を続けた。



 当然ながら執筆には一切関わっていない『天使にラブ・ソングを…2』(93)でもクレジットされ、また2011年にブロードウェイ・ミュージカル化された折にも、原案者としてクレジット入り。その度に確固たるギャラが支払われたであろうことを考えれば、ラドニックも喜んでいいやら悲しんでいいやら、実に複雑な心境だったことだろう。



PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 天使にラブ・ソングを…
  4. 『天使にラブ・ソングを…』エネルギッシュ&多幸感あふれる名作で、実現しなかった幻のキャスティングとは?