1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ゴーン・ガール
  4. 『ゴーン・ガール』円満な結婚生活を営むための指南ムービー(サイコ・サスペンス風味)※注!ネタバレ含みます。
『ゴーン・ガール』円満な結婚生活を営むための指南ムービー(サイコ・サスペンス風味)※注!ネタバレ含みます。

(C)2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

『ゴーン・ガール』円満な結婚生活を営むための指南ムービー(サイコ・サスペンス風味)※注!ネタバレ含みます。

PAGES


夫婦生活の心得、それは“役割を演じること”



 さてここからは、フルスロットルでネタバレさせていただきますので、ご注意ください。


 結局エイミーの失踪はフェイクで、ニックに殺人の嫌疑がかかるようにトラップを仕掛けたうえで、彼女は人知れず自殺する予定だった。全ては、自分を裏切ったニックに対する復讐だったのだ。しかしモーテルの男女に有り金を全て盗られてしまい、行き場所を失った彼女は元カレのデジーに泣きつき、彼の家に匿われることになる。


 やがてエイミーは、夫として不十分だったことをニックが謝罪し、妻に早く帰ってきて欲しいと訴えるのをテレビの会見で観て、彼の元に戻ることを決意。セックスの最中にデジーの喉をカッターで切り裂き、自分はデジーに誘拐されていたと嘘をついて、のうのうと我が家に戻るのだった。



(C)2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.


 エイミーは、頭のおかしなサイコパスではない。結婚生活に最も必要なことを知り尽くしたうえで、破綻していた夫婦関係を再び修復しようとする、極めて理知的な女性だ(元カレの首を掻っ切ってはいますが)。


 では、この映画のテーマでもある“結婚生活に最も必要なこと”とは何なのだろうか?実は映画中盤で流れるエイミーのモノローグで、非常にわかりやすく語られている。ちょっと長いが引用してみよう。


「ニックも“いい女”を求めていた。だからそうなろうとした。

(中略)

“今”だけに生き、彼が望むことをした。

それなりに楽しんだ。自分の新しい面を知った。

陽気さ ユーモア 気軽さだ。


一方私は彼に知性を与え、私のレベルまで引き上げた。

“理想の男”を偽装したのだ。


お互い別人を演じて幸せだった。世界一幸せな2人。

幸せじゃないなら意味がない。

でもニックは怠け、願い下げの男に成り果てた。

それなのに無条件で私の愛を求め、お金もないのに私を故郷に連れてきた。

そしてこともあろうに、若い巨乳の“いい女”に乗り換えた。

(中略)

大人は努力すべきだ。大人は償うべきだ。大人は報いを受けるべきだ。」


 そう、結婚生活に最も必要なこととは、ズバリ“役割を演じること”なのだ。



PAGES

この記事をシェア

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ゴーン・ガール
  4. 『ゴーン・ガール』円満な結婚生活を営むための指南ムービー(サイコ・サスペンス風味)※注!ネタバレ含みます。