1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ユージュアル・サスペクツ
  4. 『ユージュアル・サスペクツ』策士クリストファー・マッカリーが創り上げた、サスペンス映画の傑作※注!ネタバレ含みます。
『ユージュアル・サスペクツ』策士クリストファー・マッカリーが創り上げた、サスペンス映画の傑作※注!ネタバレ含みます。

(c)Photofest / Getty Images

『ユージュアル・サスペクツ』策士クリストファー・マッカリーが創り上げた、サスペンス映画の傑作※注!ネタバレ含みます。


※本記事は物語の結末に触れているため、映画をご覧になってから読むことをお勧めします。


Index


映画とは無縁の行き当たりばったり人生



 『ワルキューレ』(08)の脚本を手がけて以降、トム・クルーズから絶大なる信頼をゲット。今や完全にトムのお抱え作家となったのが、クリストファー・マッカリーだ。


 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(11)(クレジットなし)、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14)、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(17)、『トップガン マーヴェリック』(20)の脚本を務め、『アウトロー』(12)、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(15)、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(18)では監督も兼務。次回作には、2021年公開予定の『ミッション:インポッシブル』7作目&8作目が控えている。



 だが、彼の映画人生は決して順風満帆ではなかった。というよりも、そもそも映画に関わる仕事を全くしていなかった。子供の頃からストーリーを考えることが大好きで、漠然と映画関係の仕事をしてみたいと思っていたが、地元の高校卒業後は大学には進まず、かといって映画学校に通う訳でもなく、なぜかオーストラリアに渡航。クライスト・チャーチ・グラマースクールという、寄宿学校のアシスタントとして働き始めるのだ。


 そもそもこの仕事に興味がなかったからか、たった9ヶ月でクビになってしまい、3ヶ月のヒッチハイク生活を経て帰国。今度は探偵事務所で働き始め、4年間で6件の調査に関わったという。


 その探偵事務所も辞めて、ニューヨーク市警察にでも入ろうか…と思っていた矢先に、マッカリーはある男から声をかけられる。後に『X-メン』(00)や『ボヘミアン・ラプソディ』(18)を手がけることになる、映画監督のブライアン・シンガーだ。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ユージュアル・サスペクツ
  4. 『ユージュアル・サスペクツ』策士クリストファー・マッカリーが創り上げた、サスペンス映画の傑作※注!ネタバレ含みます。