1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 卒業白書
  4. 『卒業白書』トム・クルーズの光り輝く傑作は、ベルトルッチの『暗殺の森』を意識して作られた!?
『卒業白書』トム・クルーズの光り輝く傑作は、ベルトルッチの『暗殺の森』を意識して作られた!?

『卒業白書』トム・クルーズの光り輝く傑作は、ベルトルッチの『暗殺の森』を意識して作られた!?

PAGES


Index


『タップス』から『アウトサイダー』を経て



 長い歴史を持つ陸軍幼年士官学校が廃校になることに反発し、篭城する生徒たちの運命を描いた映画『タップス』(81)。そのリハーサル中に、ハロルド・ベッカー監督の目に留まった俳優がいた。その俳優が醸し出す士官候補生然とした振る舞いに感銘を受けたのだ。そこで、ベッカーは当初は集団の1人として起用するはずだった彼に、士官候補生デヴィッド・ショーン役を与える。


 撮影現場でその俳優の存在に注目していたのは監督だけではなかった。同作で士官候補生の一人アレックス・ドワイヤーを演じたショーン・ペンは、次に出演した『初体験/リッジモント・ハイ』(82)の監督エイミー・ヘッカリングに、「『タップス』の現場に凄い奴がいた」と興奮気味に伝えている。



 凄い奴とは、言うまでもなくトム・クルーズのことだ。『タップス』のクライマックスで、狂ったように銃を乱射する彼の圧巻の熱演は、観客の記憶にトム・クルーズという名前とその風貌を強く刻みつけることになる。


 それから約2年後、クルーズは『アウトサイダー』(83)のオーディションに臨んでいた。その時の印象を監督のフランシス・フォード・コッポラは語る。「生命力に溢れる瞳の輝きは尋常ではなかった」と。


 こうして、マット・ディロン、C・トーマス・ハウエル、エミリオ・エステベスたちと共に、若者集団”ブラットパック”の仲間入りを果たしたクルーズだったが、コッポラ作品への参加はそれが最後になる。彼が次に選んだのは、『アウトサイダー』の撮影中にこっそり台本を読み合わせていた(*)という『卒業白書』(83)である。


*共演のダイアン・レイン談。



PAGES

この記事をシェア

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 卒業白書
  4. 『卒業白書』トム・クルーズの光り輝く傑作は、ベルトルッチの『暗殺の森』を意識して作られた!?