1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ストレイト・ストーリー
  4. 『ストレイト・ストーリー』非凡のシュルレアリストが描く、世俗的題材への挑戦と達成
『ストレイト・ストーリー』非凡のシュルレアリストが描く、世俗的題材への挑戦と達成

『ストレイト・ストーリー』非凡のシュルレアリストが描く、世俗的題材への挑戦と達成


Index


兄との再会を決意する、シンプルで直線的な旅物語



 デヴィッド・リンチ監督の『ストレイト・ストーリー』(99)は、彼のフィルモグラフィーからすると、驚くほどに“異質な作品”として紹介することができる。というのも、『イレイザーヘッド』(77)の衝撃に端を発する彼の長編映画を漁れば、本作がいかに“異物的”であるかがすぐに理解できるに違いない。


 短編映画作家としての下積み経験から現在に至るまで、しばしば“カルトの帝王”などと評されるデヴィッド・リンチは、ほとばしる不安と恐怖、そして禍々しい変態性を擁し、カルト的作品を世に放ち続けている。それは、誰が観ても理解できるとは到底言い難い作品ばかりだが、ある一定の人々を惹きつけてやまない“なにか”が、そこには存在している。


 リンチの作品――映画に限らず、彼の絵画や音楽にも――に対する評論の多くには、“難解”だとか、“奇妙”などという言葉が陳列されているが、ある老人の旅路を描いた『ストレイト・ストーリー』には、そういう“異様さ”を醸し出す言葉はまったくといっていいほど聞こえてこない。極めてイノセントで、この上なく牧歌的で、それでいて、リンチ特有のエスプリを効かせる、真っ直ぐな世界観を構築している。




 米国での公開時にはブエナビスタ(ウォルト・ディズニー)が配給を担当し、MPAA(アメリカ映画協会)からは全年齢対象の“G”を指定されており、本作がいかに過去のリンチ作品とは“別物”であるかが分かるはずだ。この作品には、奇怪な象男も、女子高生の死体も、夢と現実との交錯も、そういう類の禍々しさはこれっぽっちも描かれていないのである。


 物語は、米ニューヨーク・タイムズ紙に掲載され、全米で話題をさらった実話に基づく内容だ。舞台となるのはアイオワ州ローレンスの長閑な農村部。この田舎町で娘ローズ(シシー・スペイセク)とふたりで暮らすアルヴィン・ストレイト(リチャード・ファーンズワース)は、不摂生による足腰の不調から杖の助けがなければひとりで歩くこともままならない。そんなある日、長年仲違いしている兄ライル・ストレイト(ハリー・ディーン・スタントン)が脳卒中で病床に伏せたとの報せが届く。アルヴィンは兄ライルとの長年の確執の解消を望み、兄との再会を決心する。


 身体が不自由で、運転もままならないアルヴィンにとって、唯一の交通手段は乗用の芝刈り機だった。アルヴィンは時速約5マイル(時速約8キロ)の乗用芝刈り機を駆って、遠く離れた兄ライルのもとを目指して人生を振り返る大きな旅に出た。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ストレイト・ストーリー
  4. 『ストレイト・ストーリー』非凡のシュルレアリストが描く、世俗的題材への挑戦と達成