1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ヒッチャー
  4. 『ヒッチャー』’80年代に産み落とされた、異形なるロードスリラー
『ヒッチャー』’80年代に産み落とされた、異形なるロードスリラー

© Filmverlag Fernsehjuwelen. All rights reserved.

『ヒッチャー』’80年代に産み落とされた、異形なるロードスリラー

PAGES


Index


ドアーズの名曲からインスパイアされた血と暴力の物語



 テキサス砂漠のハイウェイで、ある青年が一人のヒッチハイカーを拾ったことから、終わらない悪夢が始まる…。


 1986年に公開された『ヒッチャー』は、アメリカが産み落とした異形の映画のひとつである。約600万ドルの予算に対して興行収入は約584万ドルだから、商業的には赤字だ。著名な映画評論家ロジャー・イーバートは、まさかの「星ゼロ」の大酷評。にも関わらず、現在に至るまで『ヒッチャー』は多くのシネマ・フリークたちの心を掴み、痺れさせ、虜にした。



 クリストファー・ノーランは、ルトガー・ハウアー演じる殺人鬼ジョン・ライダーの演技を「渾身のサイコパフォーマンスだ」と激賞。J・J・エイブラムスは、『10 クローバーフィールド・レーン』(16)が『ヒッチャー』の影響下にあることを公言。スタンリー・キューブリックは、この映画がいかに素晴らしいかをスタッフに吹聴して回ったという。


 この不条理ロードスリラーの脚本を書いたのは、エリック・レッド。まだ20歳そこそこだった彼は、ドアーズの『Riders on the Storm』を聴いて衝撃を受ける。1971年にリリースされたアルバム『L.A. Woman』のラストを飾るこのナンバー(そして、ジム・モリソンの人生最後の録音曲でもあった)の歌詞は、「路上の一人の殺人鬼」をクルマに乗せると「素敵な家族が死んでしまう」という不穏極まりないシロモノ。エリック・レッドの脳内に、「嵐のライダー=嵐のなか現れる殺人鬼ジョン・ライダー」という天啓が閃く。彼は意気軒昂にシナリオに書き上げ、映画スタジオに送りつけた。



 シナリオを受け取った20世紀フォックスの幹部たちは、困惑するしかなかった。あまりにも血と暴力に彩られた物語だったからだ。彼らはこの作品をサスペンス映画というよりも、"straight-out horror movie"(直球ど真ん中なホラー)と捉えていたという。最終的に予算の問題で、20世紀フォックスはこのプロジェクトを却下。ユニバーサル・ピクチャーズやワーナー・ブラザーズの反応も同様だった。「ヒロインがバラバラに引き裂かれる映画なんて…」という明らかな拒否反応を示す者もいた(そりゃそうだろう)。


 映画化に名乗りをあげたのは、1982年にコロンビア映画の子会社として設立されたトライスター・ピクチャーズ。ロバート・ハーモンを監督として招聘し、『ヒッチャー』プロジェクトが始動する。




PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ヒッチャー
  4. 『ヒッチャー』’80年代に産み落とされた、異形なるロードスリラー