1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ゴーストライター
  4. 『ゴーストライター』ロマン・ポランスキーの演出が唸る、実在の人物とリンクするポリティカルサスペンスの傑作
『ゴーストライター』ロマン・ポランスキーの演出が唸る、実在の人物とリンクするポリティカルサスペンスの傑作

(c)Photofest / Getty Images

『ゴーストライター』ロマン・ポランスキーの演出が唸る、実在の人物とリンクするポリティカルサスペンスの傑作

PAGES


index


原作者がブレア支持を撤回した理由



 小説家の中には意外な前職を持つ人がいる。薬剤師の助手だったアガサ・クリスティ、配管工だったジョン・グリシャム、郵便配達員だったウィリアム・フォークナー、高校の用務員だったスティーヴン・キング etc…。


 彼らに比べれば、1992年にミステリー「ファーザーランド」で作家デビューしたロバート・ハリスが、それ以前にBBCのTVレポーターや政治コラムニストとして活躍していたことは、別に驚くべきことではないだろう。彼が少しだけ異色なのは、2007年にトニー・ブレアがイギリスの首相を辞任したわずか3ヶ月後に、小説「ゴーストライター」を発刊したことかも知れない。なぜならその小説は、ハリスがかつて積極的に支持していたブレア元首相が、アメリカのイラク侵攻にどの国よりも早く賛同した、歴史的暴挙に対する告発がテーマだったからだ。


 信じていた政治家が、”ブッシュのプードル”と蔑まれるような行動を選択したことへの怒りと失望が、ポリティカル・ミステリーという形で文章化されたのが「ゴーストライター」だったのだ。


『ゴーストライター』予告


 主人公のゴーストライターが、元英国首相アダム・ラングの自叙伝を、前任者に代わって執筆することになる。前任者であるマカラは、不可解な溺死事故で亡くなっていた。アメリカ、マサチューセッツ州のケープコッド南岸沖の島にあるラングの自宅では、妙に挑発的なラングの妻、ルースと秘書のアメリアが、無愛想なメイドと共に留守宅を守っていた。マカラが書き残した膨大な原稿はそこで厳重に管理されていて、持ち出しは禁止だという。アメリアによるとセキュリティ上のリスクがあるらしいが、その内容たるや、不眠症が一瞬にして解消されるほど退屈極まりないものだった。


 同じ頃、英国の元外務大臣リチャード・ライカートが、ラングを戦争犯罪に手を染めた疑惑で告発する。なんでも、ラングが首相時代にテロの容疑者を不法に拘束し、CIAによる拷問にかけることを許可した可能性があるのだという。英国首相とCIAが密かに繋がっていたとは!?





PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ゴーストライター
  4. 『ゴーストライター』ロマン・ポランスキーの演出が唸る、実在の人物とリンクするポリティカルサスペンスの傑作