1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ゴヤの名画と優しい泥棒
  4. 『ゴヤの名画と優しい泥棒』現在のイギリスにも通じる、1961年の“宙ぶらりん”の感覚
『ゴヤの名画と優しい泥棒』現在のイギリスにも通じる、1961年の“宙ぶらりん”の感覚

©PATHE PRODUCTIONS LIMITED 2020

『ゴヤの名画と優しい泥棒』現在のイギリスにも通じる、1961年の“宙ぶらりん”の感覚

PAGES


Index


ジム・ブロードベントとロジャー・ミッシェル



 去る2022年2月中旬の小雨の降る午後、ジム・ブロードベントは主演映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』のキャンペーンを締めくくるため、ロンドンのホテルでメディアの質問に応えていた。彼にとってそれはあまり楽しい仕事ではなかったが、いつもより少し感情的になっていたという。作品完成後、惜しくもこの世を去った監督のロジャー・ミッシェルが、いかに素晴らしい監督で、かつ素晴らしい人物だったかを語るべき最後の機会だったからだ。



『ゴヤの名画と優しい泥棒』©PATHE PRODUCTIONS LIMITED 2020


 ミッシェルが65歳の若さで急死したのは2021年9月22日のこと。心臓発作だった。ブロートベントがミッシェルと出会ったのは、『ウィークエンドはパリで』(13)。2人はロンドン北部で隣人同士だったこともあり意気投合。ブロードベントはミッシェルについて「想像力に富み、寛大で、エゴが全くない人」と賛辞を惜しまなかった。


 そんな間柄にある監督からの約10年ぶりの再オファー、ブロードベントが断るはずがない。彼の手元に届いた本作の脚本には、階級闘争を描いたコメディとしての魅力のほかに、行間から漂うイギリス人の優しさとペーソス、そしてユーモアのセンスがしっかりと描かれていた。





PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ゴヤの名画と優しい泥棒
  4. 『ゴヤの名画と優しい泥棒』現在のイギリスにも通じる、1961年の“宙ぶらりん”の感覚