1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. Dr.パルナサスの鏡
  4. 『Dr.パルナサスの鏡』 巨匠ギリアムと仲間たちの奮闘によって完成した、ヒース・レジャー最期の作品
『Dr.パルナサスの鏡』 巨匠ギリアムと仲間たちの奮闘によって完成した、ヒース・レジャー最期の作品

(c)Photofest / Getty Images

『Dr.パルナサスの鏡』 巨匠ギリアムと仲間たちの奮闘によって完成した、ヒース・レジャー最期の作品

PAGES


Index


数々の試練を乗り越えてきた巨匠テリー・ギリアム



 人は、テリー・ギリアムの映画を「奇想天外!」と手放しで称賛する。ぶっ飛んだ世界観、シュールな笑い、素っ頓狂なキャラクター、湯水の如くあふれ出すイマジネーション・・・その規格外の素晴らしさはモンティ・パイソン時代から不変のまま。他を圧倒するオリジナリティで創造性を追求しつづける様は、神々しくさえ思えるほどだ。


 ご存知の通り、彼は映画製作に挑むたび巨大な試練に見舞われてきた。『未来世紀ブラジル』(85)ではスタジオ側と抗争を繰り広げ、『バロン』(88)では見る見るうちに予算が膨れ上がり、『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』(18)もまた、90年代に一度、製作中止に追い込まれた。


 ただし彼は決して諦めない。ギリアムが凄いのは、いざトラブルに見舞われるとその理不尽さに怒り心頭し、アドレナリンを身体中に巡らせながら、尋常ではないバイタリティで這い上がろうとするところ。そうやって立ちはだかる壁を遥かに凌駕する芸術性を発揮して、果敢に戦い、そして打ち勝ってみせる。この不屈のアーティスト魂は驚異的だ。


『Dr.パルナサスの鏡』予告


 しかしそんなギリアムも、本作『Dr.パルナサスの鏡』(09)の制作中に主演ヒース・レジャーの急死の報が飛び込んできた時には、あまりの衝撃に打ちひしがれ、深く落ち込んだという。


 彼らはロンドンでの撮影を終えたばかりだった。締めくくりに撮ったのは、レジャーが壊れゆく馬車に飛び乗って通りの角を曲がって去っていくシーン。まさかこれがカメラで捉えた彼の最期の姿になるなんて、誰が想像しただろうか。そのたった2日後、レジャーは残り3分の2の撮影を残したまま、滞在先のニューヨークで亡くなった。




PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. Dr.パルナサスの鏡
  4. 『Dr.パルナサスの鏡』 巨匠ギリアムと仲間たちの奮闘によって完成した、ヒース・レジャー最期の作品