1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. なまいきシャルロット
  4. 『なまいきシャルロット』“あこがれ”を身に纏う、永遠のシャルロット
『なまいきシャルロット』“あこがれ”を身に纏う、永遠のシャルロット

© TF1 FILMS PRODUCTION – MONTHYON FILMS – FRANCE 2 CINEMA

『なまいきシャルロット』“あこがれ”を身に纏う、永遠のシャルロット

PAGES


Index


眩しすぎた13歳の夏



 「シャルロットを見たとき、それは一目瞭然でした。私は急いでジェーン・バーキンの家に行き、シャルロットに会わせてくれるように頼みました」(クロード・ミレール)*1


 眩しすぎる13歳の夏。地元の学校のプールの授業。飛び込み台の梯子を恐る恐る登っていくシャルロット(シャルロット・ゲンズブール)。プールを見下ろす視点ショット。飛び込み台から見たプールの水面は無情なまでに夏の光を反射させていて、シャルロットにとってその光は眩しすぎた。恐怖のあまり、なかなか飛び込めないシャルロットに向けて、同級生の男子たちが意地悪な言葉を投げる。


 恐怖と屈辱。クロード・ミレールによる『なまいきシャルロット』(85)の少女像を形作るコアのようなものが、このファーストシーンに凝縮されている。プールに飛び込む際、膝に軽傷を負ったシャルロットは、更衣室で孤独にしゃがみこむ。不意を突くように登場する裸の女性教諭。大人の女性の身体とシャルロットのまだ発育過程の身体が、このシーンでは明確なコントラストとして提示されている。



『なまいきシャルロット』© TF1 FILMS PRODUCTION – MONTHYON FILMS – FRANCE 2 CINEMA


 『なまいきシャルロット』のシャルロットは、少女であって少女ではない。男性作家の描くロリータ幻想からも遠いところにいる。少年のような少女。あるいはそのどちらでもないアンドロジナス性を纏っている。本作の撮影があと一年でも遅れていたら、この作品の意義は大きく変わってしまうだろう。三年後に撮られた『小さな泥棒』(88)でのシャルロット・ゲンズブールは、思春期の少女の身体つきへと移行している。


 カトリーヌ・ドヌーヴ演じる母親に口答えするボーイッシュな娘を演じた『残火』(84)。この作品を見たクロード・ミレールの妻アニー・ミレールは、早急にシャルロット・ゲンズブールに会うことを夫に勧めたという。カーソン・マッカラーズの小説「結婚式のメンバー」に影響を受けた、『なまいきシャルロット』の脚本はほぼ出来上がっていた。ジェーン・バーキンと本読みをするシャルロット・ゲンズブール。無口だった彼女の答えは「パパとママがOKなら...」。*1





PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. なまいきシャルロット
  4. 『なまいきシャルロット』“あこがれ”を身に纏う、永遠のシャルロット