1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ジュラシック・ワールド/炎の王国
  4. 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』CG全盛の現在、アニマトロニクスが息を吹き返した理由 ※注!ネタバレ含みます。
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』CG全盛の現在、アニマトロニクスが息を吹き返した理由 ※注!ネタバレ含みます。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』CG全盛の現在、アニマトロニクスが息を吹き返した理由 ※注!ネタバレ含みます。

PAGES


ギリギリまでこだわり抜いた、名シーン誕生の裏側



 すべてはブラキオサウルスとともに始まり、ブラキオサウルスとともに終わる。この場面で俳優たちの目前に張り出されたのは、CG処理のためのグリーン・スクリーン。そこにうまく岸壁のブラキオサウルスへと目線を合わせるための「一点」が定められ、クリス・プラットもブライス・ダラス・ハワードもここへ向けて深い哀切の感情を注ぎながら彼らなりの「別れ」を表現してみせた。


 もちろんこれだけではない。何か俳優たちが少しでも演じやすくなるように活用できるものはないだろうか。そう考えたバヨナ監督が取り出したのは音楽だったという。ジョン・ウィリアムズによるおなじみのシンフォニー。それも少し甘く、物哀しいバージョンのものをスタジオ内に響かせ、実際にはその場にいないブラキオサウルスを俳優らの胸の内に浮かび上がらせようとしたのである。それがいかに効果的な演出だったかは本編の仕上がりを見れば明らかだ。




 さらにバヨナ監督は撮影後のポスト・プロダクションでもギリギリまで粘ってこの場面の色味や質感の調整にあたった。そして編集室にてスタッフ共々徹夜しながら粘りぬいた末、締め切りギリギリの、いちばん最後に仕上げを迎えたシーンとなったそうだ。ある意味、クライマックス以上の愛情を込めて、大切に、丁寧に描き尽くされた場面であることは間違いない。それゆえ、客席の我々もまた、静謐な感慨を持ってその瞬間を見届けることができるのである。


 いずれにしても『ジュラシック』シリーズは、もはや人間が逃げ惑うだけのパニック映画ではない。一作一作において積み重ねられてきた感情表現はこの長い年月の中で比べものにならないくらい進化を遂げた。当然ながら最新作に課せられたハードルも相当なまでに高かったはずだが、バヨナ監督はアニマトロニクスやCG、あるいはその双方を巧みに掛け合わせながら、その務めを見事に全うしてみせたのだ。




 本作のラストシーンを見ると、コリン・トレヴォロウが3作目で描きたいことの青写真が鮮明に浮かび上がってくる。なるほどこの展開に向けて、彼は周到に全てのコマを進めていたのか。もはや境界線などどこにもない。この世界はまるっきり変わってしまった。完結編となる次回、再び監督登板するコリン・トレヴォロウがどのような手法で人間と恐竜の明日を描くのか、大いに期待したいところである。 


参考:

https://www.empireonline.com/movies/features/18-jurassic-world-fallen-kingdom-secrets-ja-bayona-colin-trevorrow/

https://www.slashfilm.com/colin-trevorrow-jurassic-world-fallen-kingdom-interview/



文:牛津厚信 USHIZU ATSUNOBU 

1977年、長崎出身。3歳の頃、父親と『スーパーマンⅡ』を観たのをきっかけに映画の魅力に取り憑かれる。明治大学を卒業後、映画放送専門チャンネル勤務を経て、映画ライターへ転身。現在、映画.com、EYESCREAM、リアルサウンド映画部などで執筆する他、マスコミ用プレスや劇場用プログラムへの寄稿も行っている。


今すぐ観る


作品情報を見る


『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

配給:東宝東和 

© Universal Pictures © Giles Keyte

© Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc.and Legendary Pictures Productions, LLC.

※2018年7月記事掲載時の情報です。

PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ジュラシック・ワールド/炎の王国
  4. 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』CG全盛の現在、アニマトロニクスが息を吹き返した理由 ※注!ネタバレ含みます。