1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ブラック・レイン
  4. 『ブラック・レイン』はいかにして“オオサカ・ノワール”となり得たのか?
『ブラック・レイン』はいかにして“オオサカ・ノワール”となり得たのか?

(c)Photofest / Getty Images

『ブラック・レイン』はいかにして“オオサカ・ノワール”となり得たのか?

Index


リドリー・スコットが切り取った大阪



 1989年に公開された『ブラック・レイン』は、『危険な情事』(87)『告発の行方』(88)などの大ヒット作を生んだスタンリー・R・ジャッフェとシェリー・ランシングのプロデュースによるバディ・アクションだ。ニューヨークの刑事ニック・コンクリン(マイケル・ダグラス)が、偽札の原版を持つ日本のヤクザ・佐藤(松田優作)を追って大阪へと飛び、現地の刑事・松本(高倉健)と組んで死闘を繰り広げていく。


 タイトルは爆発の黒煙が混じって降り注ぐ「黒い雨」を意味し、空襲の隠喩だ。すなわちアメリカが自国の価値観を雨のように日本に降り注がせ、それが佐藤などのネオ・ヤクザを台頭させたという筋書きから、日米の文化的衝突を描き出している。


 そんな本作も、初公開からすでに30年の歳月を経てきた。とはいえ監督のリドリー・スコットは、2019年の今も業界の第一線で活躍するトップディレクターであり、ニックを演じたマイケル・ダグラスもマーベルのスーパーヒーロー映画に加勢するなど、ハリウッドの最前線に身を置いている(アンディ・ガルシアも健在だ)。



 いっぽうで日本側のキャストは、松田優作だけでなく高倉健や神山繁、若山富三郎、そして内田裕也に安岡力也、島木譲二といった多くの主要キャストが故人となり、時代の経過を感じずにはおれない。しかしそういった印象を作品が抱かせないのは、彼らの全力を振り絞ったパフォーマンスと、独自のビジュアルセンスで大阪のランドスケープを切り取った監督の演出が今も色あせていないからだろう。


 本来ならば こうした俳優や監督の功績を顧みるべきだろうが、やや語り尽くされた感があるので、本稿では少し違う部分に目を向けてみたい。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ブラック・レイン
  4. 『ブラック・レイン』はいかにして“オオサカ・ノワール”となり得たのか?