1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ブギーナイツ
  4. 『ブギーナイツ』今だからこそ見るべき、鬼才ポール・トーマス・アンダーソンの出世作にして最高傑作
『ブギーナイツ』今だからこそ見るべき、鬼才ポール・トーマス・アンダーソンの出世作にして最高傑作

『ブギーナイツ』今だからこそ見るべき、鬼才ポール・トーマス・アンダーソンの出世作にして最高傑作

Index


P・T・アンダーソン長編第二作



 新作を発表する度に世界に注目される映画監督は多くはないが、ポール・トーマス・アンダーソンがそのひとりであることは多くの映画ファンが認めるところ。『マグノリア』(99)『パンチドランク・ラブ』(02)『ザ・マスター』(12)は国際的に評価され、ベルリン、カンヌ、ヴェネツィアという世界三大映画祭で受賞を果たし、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(07)や近作『ファントム・スレッド』(17)はアカデミー賞作品賞にノミネートされるなど、とにかく高評価を得ている。


 そんなアンダーソンの出世作となったのが、彼の長編第二作にして、アカデミー脚本賞候補作品『ブギーナイツ』(97)。1970~80年代の米ポルノ映画界を題材にしているために、非道徳的という理由から敬遠している映画ファンもいるが、それはあまりにもったいない。というわけで、本稿ではこの傑作の魅力を改めて探ってみよう。



 舞台となったロサンゼルス近郊のサンフェルナンド・バレーはアンダーソンが幼少期を過ごし、また成人映画やアダルトビデオの製作スタジオが多数存在する、米ポルノ産業のメッカというべき町だ。主人公のエディは、自分の価値を認めて欲しくても厳格な両親に押さえつけられ、いら立っている、どこにでもいる17歳の少年。そんな彼のジーンズの股間の並々ならぬふくらみに、ポルノ映画界の巨匠ジャックが目を付け、男優としてスカウトする。


 ダーク・ディグラーの芸名でたちまちスターになったエディは、同時にジャックや彼の仲間たち……男優仲間や人気女優、新進女優、スタッフらとの共同生活に実の家族のような居心地の良さを覚えていく。しかし、良い時間は長くは続かない。映画はエディを中心とした群像劇で、ポルノ映画の衰退~アダルトビデオの台頭という時代の転換期を生きた人々の運命を見つめていく。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ブギーナイツ
  4. 『ブギーナイツ』今だからこそ見るべき、鬼才ポール・トーマス・アンダーソンの出世作にして最高傑作