1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説
  4. 『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』ホントは怖い!?スピルバーグの映画たち
『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』ホントは怖い!?スピルバーグの映画たち

TTM & (C) 1984-2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. Used Under Authorization.

『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』ホントは怖い!?スピルバーグの映画たち


スピルバーグ悪趣味列伝



 『ジョーズ』(75)の試写会で恐怖の阿鼻叫喚となった劇場を後に、「もうひと叫びほしいな」と、片目をえぐられた死体のアップを追加した逸話は良く知られているだろう。


 歩きまわる恐竜に多くの子供たちが驚喜した『ジュラシック・パーク』(93)では、トイレに篭った嫌味な弁護士をティラノサウルスに齧らせたり、ビックリさせるためだけにプログラマーの喰いちぎられた手を落としてみたり「まぁ、これ恐竜のやることですから!」とやりたい放題の様相を呈している。



 SF映画『マイノリティ・リポート』(02)に登場する警察の装備「ゲロ棒」はどうだ!その棒で突かれるとゲロを吐いて行動を抑止されてしまう。別にスタンガンで充分なのだが悪趣味王にかかればこんな面白ガジェットが生まれるのである。



TTM & (C) 1984-2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. Used Under Authorization.


 このように、1本ずつ挙げていくとキリの無いスピルバーグの悪趣味列伝だが、そのフィルモグラフィの中で最も悪趣味で最高な作品こそ『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(84)であろう。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説
  4. 『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』ホントは怖い!?スピルバーグの映画たち