1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
  4. 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』アカデミー賞視覚効果賞を受賞したVFXスタッフの苦労と悲劇とは
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』アカデミー賞視覚効果賞を受賞したVFXスタッフの苦労と悲劇とは

(C)2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』アカデミー賞視覚効果賞を受賞したVFXスタッフの苦労と悲劇とは


海のCG表現



 海面に関しては、台中市の古い飛行場に建設された75×30×3mの巨大タンク(プール)で撮影された。だがどうしても遠景はCGで描く必要があるため、実写の波とうまく馴染ませる必要があった。結局は、大部分のシーンがCGで置き換えることになった。そこでR&Hは、エフェクトツールとして定番のHoudiniに、自社開発ツールを加えてリアリスティックな海面を作り出した。


 だがこの映画には、暴風雨のシーンが2回も登場する。これには大規模かつ複雑な流体シミュレーションが必要になり、動物たちの開発で手一杯なR&Hだけでは手に余る可能性があった。



(C)2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.


 そこでウェステンホファーは、MPC(Moving Pictures Company)のバンクーバー支社にサポートを依頼する。同社は『ポセイドン』(06)を手掛けた際に、当時ドイツからロサンゼルスに進出したばかりのスキャンラインVFX社より、極めて高度な流体シミュレーション・ソフトFlowlineのライセンスを得ていたからだ。


 MPCの担当は110カットで、時間にして14分間だったが、その難易度は極めて高い。そのため非常に長いあるカットでは、OKが出るまで2年を費やし、数千回のリテイクを繰り返したそうである。


*4 Houdiniも元オムニバス/エイブル社のスタッフが設立した、SideFX(Side Effects Software)社の開発した製品である。



立体視の効果



 映画が完成に向かって行くにつれ、スタッフは3D表現をより効果的に見せる工夫に取り組んだ。例えば、タンクで撮影された海面の修正である。2台のカメラを用いるステレオ撮影の場合、光のハイライトが右と左の画面で異なった出方をし、立体視の障害となる。この現象が波頭などに生じやすいため、R&Hが全て修正する必要があった。


 またトビウオの群れが出現する場面では、通常のビスタサイズからシネスコサイズにアスペクト比が変わる。ここではトビウオを追うカツオがフレームからはみ出すことで、スクリーンの外にまで飛び出しているような錯覚を生じさせる。リー監督は、アスペクト比で遊ぶことが気に入ったようで、原作本の表紙イラストに似せたシーンを用意し、わざわざ書籍のような縦長のフレームにしている。



(C)2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.


 さらに3D効果も非常にお気に入りで、幼いパイが神話「バーガヴァタ・プラーナ」のコミックを読み、クリシュナ(ヴィシュヌの化身)の口の中に宇宙空間を見る場面や、12万本ものロウソクを使ったインドの祭り。夜の海面に拡がる夜光虫や発光クラゲと、海中から突然出現してジャンプするクジラなど、印象的なシーンをいくつも用意した。


 そしてリーは、次回作となった『ビリー・リンの永遠の一日』(16)や『ジェミニマン』(19)も3Dで制作している。ちなみにリーは、3D映画の発展に多大な貢献をした人物を表彰する「ハロルド・ロイド賞」(*5)の第3回受賞者となった。


*5 2009年に米国で設立された、国際3D協会(International 3D Society: I3DS)が、2011年から設けた賞。他のハロルド・ロイド賞の受賞者は、第1回ジェームズ・キャメロン、第2回マーティン・スコセッシ、第4回ジェフリー・カッツェンバーグ(ドリームワークス・アニメーション)、第5回ビクトリア・アロンソ(マーベル・スタジオ)、第6回ジョン・ファヴロー、第7回ダーラ・K・アンダーソン(ピクサー・アニメーション・スタジオ)、第8回クリストファー・マッカリー。同協会は、2015年から先進映像協会(Advanced Imaging Society: AIS)に名称変更された。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
  4. 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』アカデミー賞視覚効果賞を受賞したVFXスタッフの苦労と悲劇とは