1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. バッドボーイズ
  4. 『バッドボーイズ』ウィル・スミスの初主演、マイケル・ベイの初監督を飾った、新たなアクション映画の幕開け
『バッドボーイズ』ウィル・スミスの初主演、マイケル・ベイの初監督を飾った、新たなアクション映画の幕開け

『バッドボーイズ』ウィル・スミスの初主演、マイケル・ベイの初監督を飾った、新たなアクション映画の幕開け

PAGES


ヒットはしていないが成功を収めた珍しいケース



 こうして、ウィル・スミスとマーティン・ローレンスはスターダムを駆け上っていくが、本作の興行成績はそこまで高くなかった。ヒットの指標となる1億ドルをアメリカ国内だけの興行成績では突破しておらず、アメリカ国内だけで6,500万ドルという意外と低い数字である。同じ年に公開された『花嫁のパパ2』や『9か月』という作品よりも下だった。これは、先に書いたように、テレビでは人気者だった主演の2人が、映画スターとしてはまだまだこれからだったということが理由だろう。ウィル・スミスは次の作品『インデペンデンス・デイ』(96)にてブロックバスター俳優へと大きく飛躍していった。



 多くの人が『バッドボーイズ』を記憶しているのは、恐らく劇場ではなく、ビデオやテレビ放映でウィル・スミス作品として見た結果であろう。2人の絶妙なコンビネーションに、マイケル・ベイの爆発やカーチェイスという派手で斬新な演出、そしてマイアミというエキゾチックなロケーション、クールな音楽…… 何もが斬新で印象に残った。だから私たちは『バッドボーイズ』を今でも鮮明に記憶しているのだ。



文: 杏レラト<あんずれらと>

雑誌「映画秘宝」(洋泉社)を中心に執筆。著書『ブラックムービー ガイド』(スモール出版)が発売中。



今すぐ観る


作品情報を見る



(c)Photofest / Getty Images

PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. バッドボーイズ
  4. 『バッドボーイズ』ウィル・スミスの初主演、マイケル・ベイの初監督を飾った、新たなアクション映画の幕開け