1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. 仕事も戦闘も!スパイに学ぶスーツ着こなしの極意
仕事も戦闘も!スパイに学ぶスーツ着こなしの極意

(c)Photofest / Getty Images

仕事も戦闘も!スパイに学ぶスーツ着こなしの極意


ジェームズ・ボンドを例に挙げるまでもなく、スパイは身だしなみが大事。敵に対して自分のステイタスを端的に誇示するためのツールだからだ。『キングスマン』(14)では、コリン・ファース演じるハリーがこう言っている「スーツは現代版の鎧だ」と。


映画に出て来るスパイたちの着こなしは皆完璧。彼らから、スーツの着こなしを学んでみようではないか。


Index



『TENET テネット』(20)




監督:クリストファー・ノーラン 出演:ジョン・デイビッド・ワシントン、ロバート・パティンソン


劇中でマイケル・ケイン演じるクロスビー卿は、ジョン・デイビッド・ワシントン扮する”名もなき男”に対して、「(大切なミッションを遂行するのに)億万長者を名乗るのなら、ブルックス・ブラザーズじゃダメだ」と辛辣に言い放つ。アメリカントラッドの老舗とは言え、新米サラリーマンだって手に入る個性のない定番スーツでは底が知れる、というのがクロスビー卿の真意である。


そこで、クロスビー卿からクレジットカードを譲り受けた”名もなき男”は、一転して次のシーンではシルバーのシャークスキンで仕立てられた3ピーススーツで登場する。演じるワシントンの決してマッチョではない上半身をV字型に見せてしまう抜群のフィット感、腰の位置を高く見せるスラックスのセクシーなラインは、アメリカントラッドの対極にある典型的なヨーロピアン・スタイルだ。



(c) 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved


逆に、ロバート・パティンソン演じるニールのワードローブはよりルーズで自由。フリーポートを偵察するシーンではダブルブレスト(ボタンが2列)のピンストライプのスーツで、またある場面ではヨレヨレのスーツに皺々のストールを首に巻いて現れたりする。それらは、時空を自由奔放に行き来するニールのライフスタイルの象徴とも言える。服は生き方の写しなのだ。


本作のコンセプトを監督のクリストファー・ノーランから受け取り、それをテーマに直結する衣装デザインに落とし込んだのは、ジェフリー・カーランド。ノーランとは『インセプション』(10)と『ダンケルク』(17)でも組んだことがあるベテランだ。


ショーン・コネリーが演じたジェームズ・ボンドの、タイムレスなダンディズムを踏襲したと言うカーランド。彼がセレクトしたスーツを意識して『TENET テネット』を再見すると、また新たな発見があるかもしれない。 



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. 仕事も戦闘も!スパイに学ぶスーツ着こなしの極意