1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ザ・フライ
  4. 『ザ・フライ』鬼才クローネンバーグのおぞましくも悲しい傑作はこうして生まれた!
『ザ・フライ』鬼才クローネンバーグのおぞましくも悲しい傑作はこうして生まれた!

『ザ・フライ』鬼才クローネンバーグのおぞましくも悲しい傑作はこうして生まれた!


Index


クローネンバーグをメジャーに押し上げた『ザ・フライ』



 カナダの鬼才デヴィッド・クローネンバーグの新作が途絶えてから、2020年で6年が経つ。2014年の『マップ・トゥ・ザ・スターズ』はカンヌ国際映画祭で賞賛され、改めて彼の才腕を見せつけた作品だけに、この”不在”を長く感じるファンは筆者だけではないと思う。


 今や国際的に評価されている映画監督となったクローネンバーグ。キャリアの初期は風変りなホラーを撮る俊英と思われていたが、『シーバース』(75)や『ラビッド』(77)『スキャナーズ』(81)は独自の世界観で確実にホラー・ファンの心をつかんでいた。そんなキャリアの大きな転機となった作品を挙げるとすれば、彼の名を広く世界に知らしめた『ザ・フライ』(86)ということになるだろう。


 83年の『デッドゾーン』に続いてハリウッド資本で製作されたこのSFホラーは、クローネンバーグ作品では最大の世界興収を上げ、それまでのカルト的なポジションからメジャーな異才の座へと彼を押し上げた。



 物質を分子レベルで分解・再構築する画期的な転送装置“テレポッド”を開発中の科学者セス・ブランドル(ジェフ・ゴールドブラム)は、科学雑誌の女性記者ヴェロニカ(ジーナ・デイヴィス)と知り合い、恋仲となる。一方、ポッド開発は試行錯誤を重ねた末に、動物実験に成功。セスはさらに自身の転送に挑むが、その際に一匹のハエがポッドに紛れ込んだことから、転送された彼の肉体はハエと融合し、変異が生じ始める。ヴェロニカは、そんな彼を救おうとするが……。


 クローネンバーグらしい粘着質のショック描写は健在で、ホラーとしての見応えは満点。それでいてセスとヴェロニカの悲恋をたどるラブストーリーをきっちり成立させ、単なるジャンル映画に終わらない重みを宿らせている。ビジネス重視のハリウッドで、自身のビジョンにこだわるクローネンバーグは、この映画をどのようにして作り出したのか?



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ザ・フライ
  4. 『ザ・フライ』鬼才クローネンバーグのおぞましくも悲しい傑作はこうして生まれた!