1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ブレードランナー
  4. CG無しのアナログ撮影が生み出した、伝説のオープニングに迫る!『ブレードランナー』
CG無しのアナログ撮影が生み出した、伝説のオープニングに迫る!『ブレードランナー』

CG無しのアナログ撮影が生み出した、伝説のオープニングに迫る!『ブレードランナー』


伝説が生み出す新たな伝説



 こうして様々なアナログ技術が駆使され、多くの人々の努力の結果、あの伝説のオープニングシーンが誕生したのだ。


 もちろん『ブレードランナー』の特撮は、この「冥界風景」だけには留まらない。タイレル社の社屋ピラミッドや、LA警察本部、屋外の巨大ディスプレイなどなど、ハイクオリティな説得力のある近未来風景が映画の中で数多く展開される。監督であるリドリー・スコットの特撮に対する要求レベルは凄まじく高かったことが想像される中で、あのアナログの時代に彼を満足させるだけのクオリティを実現させたのは、とてつもなく大変なことだっただろう。リドリー・スコットは一旦こうしたいとなると、それがどれほど難しくても、考慮するようなことは一切なかったという。ダグラス・トランブルをはじめEEGの現場スタッフからすると大変なプレッシャーだったことは想像に難くない。




 しかし、『ブレードランナー』の世界観を実現させるために、揺るぎない信念で臨んだリドリー・スコットと、それに全力で応えたスタッフがいたからこそ、『ブレードランナー』は30年以上経っても説得力のあるSF作品として君臨し続ける作品と成りえたのだろう。


 そしてそれはドゥニ・ヴィルヌーヴという天才が『ブレードランナー 2049』という新たな伝説を生み出すことにつながっていくのである。


参考資料:

『デンジャラス・デイズ:メイキング・オブ・ブレードランナー』

メイキング・オブ・ブレードランナー ファイナル・カット

(ポール・M・サモン著 ヴィレッジブックス)



文:CINEMORE編集部 F

CINEMOREの編集部員兼ライター。映画のめざめは『グーニーズ』と『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』。最近のお気に入りは、黒澤明や小津安二郎など4Kデジタルリマスターのクラシック作品。



作品情報を見る




ブレードランナー ファイナル・カット

日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ(3枚組) ¥5,990+税

ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

TM & (c)2017 The Blade Runner Partnership. All Rights Reserved.

PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

おすすめの
関連映画

関連する商品

  • これは欲しい!スピナーのプラモデル!注!自分で塗装が必要です。

新着うんちく

NEWS / 特集

人気うんちく

上映中のおすすめ作品

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ブレードランナー
  4. CG無しのアナログ撮影が生み出した、伝説のオープニングに迫る!『ブレードランナー』