1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. プリンス/パープル・レイン
  4. 『プリンス/パープル・レイン』プリンス自ら完成させた自伝映画の最高傑作
『プリンス/パープル・レイン』プリンス自ら完成させた自伝映画の最高傑作

『プリンス/パープル・レイン』プリンス自ら完成させた自伝映画の最高傑作


Index


プリンスという天才



 プリンス。天才という言葉が相応しい唯一無二のミュージシャン。皇太子という意味を持つ名前だが、Googleで「Prince」と検索すると、皇太子の情報ではなく、ミュージシャン・プリンスの情報がずらりと出てくる。


 しかし我々は、プリンスのことをあまり知らない。正確にいえば、知っているようで知らないのだ。どことなくミステリアスで、掴み所がない。分かっているのは、プリンスの音楽と魅力に多くの人が惹きつけられているということだけ。そんな知っているようで知らないプリンスの人生を、プリンス自らの手によって語られるのが、本作『プリンス/パープル・レイン』(84)だ。



 ミネソタ州ミネアポリスのライブハウス、観客を熱狂的に沸かせていたバンド、ザ・レヴォリューション。そのリーダーでボーカリストのキッド(プリンス)は才能に溢れていたが、メンバーの話を聞かず孤立しようとしていた。しかも最近では、対バンのザ・タイムが人気上昇中で、ザ・タイムのリーダーであるモリス(モリス・デイ)がやたらとキッドをやり玉にあげてくる。


 そんな中、歌手になる夢をみてライブハウスにやってきたのが、アポロニア(アポロニア・コテロ)。目が合った瞬間から恋に落ちたキッドとアポロニアだったが、モリスがアポロニアを引き抜こうとする。そしてキッドは、喧嘩が耐えない両親の問題も抱えており…。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. プリンス/パープル・レイン
  4. 『プリンス/パープル・レイン』プリンス自ら完成させた自伝映画の最高傑作