1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ミラーズ・クロッシング
  4. 『ミラーズ・クロッシング』フィルム・ノワールの裏に隠された、報われない恋の物語
『ミラーズ・クロッシング』フィルム・ノワールの裏に隠された、報われない恋の物語

『ミラーズ・クロッシング』フィルム・ノワールの裏に隠された、報われない恋の物語


Index


“森の中に佇むギャングたち”から生まれたフィルム・ノワール



 コーエン兄弟は、これまで数多くのオリジナル脚本を手がけているが、既存の文学作品を手がかりにして着想を得た映画も多い。『ビッグ・リボウスキ』(98)はレイモンド・チャンドラーの「大いなる眠り」、『バーバー』(01)はジェームズ・M・ケインの「殺人保険」、『オー・ブラザー!』(00)は古典叙事詩「オデュッセイア」。


 『ミラーズ・クロッシング』(90)もまた、ダシール・ハメットが1931年に発表したハードボイルド小説「ガラスの鍵」の影響を大きく受けている。町の実力者マドヴィグと、彼に絶対的な忠誠を誓うネドの関係は、そのままレオ(アルバート・フィニー)とトム(ガブリエル・バーン)の関係に当てはめることができるだろう。しかし、コーエン兄弟はこのストーリーから帰納法的にプロットを紡ぎあげたのではない。むしろ彼らは、あるぼんやりとしたイメージから映画を膨らませた。



 森の中にオーバーを着たギャングの大物たちがいる。森という情景に都会のギャングを配したアンバランス…。そういうひとつのイメージから、この映画は想を練っていった。(劇場プログラムより抜粋)


 だが、“森に佇むギャングたち”という視覚的イメージを先行したシナリオ作りは難航を極める。コーエン兄弟は2ヶ月間作業を棚上げし、その間に『バートン・フィンク』(91)の脚本を書き上げてしまったくらいだ。苦難を経て『ミラーズ・クロッシング』のストーリー作りは完成するが、出来上がった作品はハリウッド的娯楽作品からは遠く離れた、異色のフィルムノワール。前作『赤ちゃん泥棒』(87)の成功を受け、より多くの予算、より野心的な映画を撮る機会を与えられていたからこそ、『ミラーズ・クロッシング』は産み落とされたのである。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ミラーズ・クロッシング
  4. 『ミラーズ・クロッシング』フィルム・ノワールの裏に隠された、報われない恋の物語