1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ホワイトハンター ブラックハート
  4. 『ホワイトハンター ブラックハート』非破滅型作家イーストウッドが描く、破滅型作家ジョン・ヒューストンの物語
『ホワイトハンター ブラックハート』非破滅型作家イーストウッドが描く、破滅型作家ジョン・ヒューストンの物語

『ホワイトハンター ブラックハート』非破滅型作家イーストウッドが描く、破滅型作家ジョン・ヒューストンの物語


Index


イーストウッドが惚れ込んだジョン・ヒューストンの生き様



 ジョン・ヒューストン。『マルタの鷹』(41)、『キー・ラーゴ』(48)、『白鯨』(56)などで知られる映画監督であり、『黄金』(48)ではアカデミー監督賞と脚色賞を受賞。晩年はロマン・ポランスキー監督の『チャイナタウン』(74)など、強烈な印象を残す俳優としても活躍した、偉大なるハリウッド・レジェンドの一人である。


 そしてジョン・ヒューストンは、豪放磊落なワイルド系だったこともよく知られている。5回に渡って結婚と離婚を繰り返したり、リノのカジノに毎日通って一文無しになってしまったり、俳優のエロール・フリンと骨を折るほどの殴り合いを1時間続けたり(ヒューストンは元ボクサーなのだ!)。映画プロデューサーのジョージ・スティーブンス・ジュニアから「人生を最大限に生きた」と称された男の生涯は、「ザ!世界仰天ニュース」に取り上げられそうなくらい、豪快エピソードのオンパレード。



 極め付けは、『アフリカの女王』(51)でのエピソードだろう。ハンフリー・ボガート、キャサリン・ヘップバーンを主演に迎えた米英合作の大作映画にも関わらず、ジョン・ヒューストンは撮影そっちのけで象狩りに熱中!現場は混乱を極め(そりゃそうだろう)、後年キャサリン・ヘプバーンは『アフリカの女王とわたし』という本を出版して、当時のジョン・ヒューストンの振る舞いを激しく非難している。


 そんな阿鼻叫喚の地獄ロケに同伴していた脚本家ピーター・ヴィアテルが、当時の様子をノベライズした小説を1953年に発表。そこからおよそ40年の時を経て、ジョン・ヒューストンのファンを公言するクリント・イーストウッドが映画化した作品が、この『ホワイトハンター ブラックハート』(90)なのである。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ホワイトハンター ブラックハート
  4. 『ホワイトハンター ブラックハート』非破滅型作家イーストウッドが描く、破滅型作家ジョン・ヒューストンの物語