1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 真夏の夜のジャズ
  4. 『真夏の夜のジャズ』気鋭のフォトグラファーが撮りきった、伝説のジャズフェス。
『真夏の夜のジャズ』気鋭のフォトグラファーが撮りきった、伝説のジャズフェス。

『真夏の夜のジャズ』気鋭のフォトグラファーが撮りきった、伝説のジャズフェス。


Index


コンサート映画の流れを変えた画期的な作品



 近年、さまざまな過去の名作が4K版としてよみがえっているが、ジャズ映画の傑作、『真夏の夜のジャズ』(59)もデジタル修復された4K版が公開された。


 1958年のニューポート・ジャズフェスティバルの様子をとらえた作品で、ルイ・アームストロングやセロニアス・モンクといったジャズ界の巨人たちが参加。後に作られたロック系コンサート映画にも大きな影響を与えてきた。


 イギリスのロック・マガジン、NME(ニュー・ミュージカル・エクスプレス)が80年代に作ったロック映画のガイドブック、「NME Guide to Rock Cinema」(フレッド・デラー著、ハムリン・ペーパーバックス刊)には、『真夏の夜のジャズ』に関してこんな記述がある――「忘れがたい重要なドキュメンタリー。その後の『モンタレー・ポップ』(68)や『ウッドストック』(70)といったコンサート映画の先駆けとなった」。



 『モンタレー・ポップ』(68、D・A・ペネベイカー監督)は67年にアメリカのモンタレーで行われたロック・フェスティバルを記録した映画。一方、『ウッドストック』(70、マイケル・ウォドレー監督)は69年にニューヨーク郊外のウッドストックで行われた画期的なコンサートのドキュメンタリー。反戦運動や公民権運動が盛り上がった60年代後半以降、こうした自由なスタイルのコンサート映画が増え、70年代後半にはマーティン・スコセッシ監督の『ラスト・ワルツ』(78)のような歴史的な傑作も誕生した。


 そんなコンサート映画の原点となったのが『真夏の夜のジャズ』だった。50年代のアメリカ映画界では、ハリウッドのスタジオ映画が圧倒的な力を持っていた(ちなみに59年度のオスカー受賞作は超大作の『ベン・ハー』)。当時のそんな映画の流れとは異なり、『真夜の夜のジャズ』はささやかな予算ながらも、作り手の自由な感覚が生かされていて、後の映画を変える創造の芽がひそんでいた。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 真夏の夜のジャズ
  4. 『真夏の夜のジャズ』気鋭のフォトグラファーが撮りきった、伝説のジャズフェス。