1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. スポーン
  4. 『スポーン』フィギュア・バブルが産んだ地獄のヒーロー、その歪んだ魅力とは
『スポーン』フィギュア・バブルが産んだ地獄のヒーロー、その歪んだ魅力とは

(c)Photofest / Getty Images

『スポーン』フィギュア・バブルが産んだ地獄のヒーロー、その歪んだ魅力とは

PAGES


新たなダーク・ヒーロー



 CIAの殺し屋として多くの要人を暗殺してきたアル・シモンズは、上司の策略に嵌められ殺されてしまう。人殺しのシモンズは当然地獄へ落とされるが、愛する妻ワンダに再会するため、魂を悪魔に売り払い地上へ戻す約束をとりつける。しかし、戻されたのは死後5年後。ワンダはすでにシモンズの親友と再婚し、子供ももうけていた。加えてシモンズは死んだ時の焼けただれた姿で戻されたために、やっと会えたワンダにもシモンズだと解ってもらえない始末。


 うらぶれた路地で失意に暮れるシモンズのもとに、地獄からの使者だという醜い小男「クラウン」がやってくる。クラウンいわく、天界との戦いで、悪魔の軍勢を指揮する「ヘル・スポーン」にする為に、シモンズを生き返らせたのだと言う。しかし、ワンダを失ったシモンズは、何をする気力も無く取りつく島もない。クラウンはシモンズが就くことになる“上級職”の座を奪わんと戦いを挑む。また天界も悪魔軍を率いる予定のシモンズを狙い、刺客を送りこむ。




 というのが「スポーン」をとりまく設定である。この白眉は、天界と悪魔軍の戦いを解りやすい「善悪」に落とし込んでいない点だ。地獄の悪魔軍はもちろん、天界の天使軍も人間を守ろうといった気は無く、単なる勢力争いで人間を巻き込んでいるだけなのだ。もちろんこのコミックに登場する「天使」や「悪魔」はキリスト教のそれである。


 コミック「スポーン」は、規約の無い自由な条件の元でしか生まれえなかった、新しいダーク・ヒーローと言えるだろう。



PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. スポーン
  4. 『スポーン』フィギュア・バブルが産んだ地獄のヒーロー、その歪んだ魅力とは