1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~
  4. 『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男〜』チャドウィック・ボーズマンがよみがえらせた最高の魂
『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男〜』チャドウィック・ボーズマンがよみがえらせた最高の魂

(c)Photofest / Getty Images

『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男〜』チャドウィック・ボーズマンがよみがえらせた最高の魂


Index


ジェームス・ブラウン=魂



 ジェームス・ブラウン、その名は魂(ソウル)を意味する。まさしく本作の邦題通りの男だ。1953年にデビューした彼には多くのニックネームが存在するが、「ゴッドファーザー・オブ・ソウル」や「ソウル・ブラザー・ナンバー・ワン」など、ジェームス・ブラウン=魂であることを示している。


 そんなジェームス・ブラウンには数々の伝説が存在する。もちろん伝説だけでなく、実際にアメリカ音楽界に多大なる功績と実績を遺しており、彼なしにはアメリカ音楽を語れないと言っても過言ではない。そのような偉大なミュージシャンの伝説と人生を映画化したのが本作だ。



 ジェームス・ブラウン役には、『42~世界を変えた男~』(13)『ブラックパンサー』(18)のチャドウィック・ボーズマン。監督は、『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』(11)のテイト・テイラー。ジェームス・ブラウンの伝説の1つにも絡んでいる(後述する)、ザ・ローリング・ストーンズミック・ジャガーもプロデューサーとして名を連ねている。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~
  4. 『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男〜』チャドウィック・ボーズマンがよみがえらせた最高の魂