1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. SOMEWHERE
  4. 『SOMEWHERE』孤独の描き手、ソフィア・コッポラ監督が紡ぐ「ひとときの救済」
『SOMEWHERE』孤独の描き手、ソフィア・コッポラ監督が紡ぐ「ひとときの救済」

(c)2010-Somewhere LLC

『SOMEWHERE』孤独の描き手、ソフィア・コッポラ監督が紡ぐ「ひとときの救済」

PAGES

Index


“不可侵の安らぎ”を綴じ込めた一作



一緒にいたら、まどろむ時間さえも幸せだった。

娘との静かな日々が、虚ろな心を修復していく。


 ソフィア・コッポラ監督にとって、4本目の長編監督作となる『SOMEWHERE』(10)。ハリウッドスターと娘の、不確かで繊細な関係性を描いた本作は、第67回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞作、という輝かしい事実を忘れてしまうくらいに私的で、静的な逸品だ。


 ハリウッドで活躍する人気俳優ジョニー(スティーヴン・ドーフ)。狂騒の中を生きる彼は、高級ホテルで暮らしながら、心にどうしようもない虚無感を抱えていた。そんなある日、前妻との子どもであるクレオ(エル・ファニング)を預かることになる。娘と穏やかな日々を送る中で、安定と幸福を感じ始めるジョニーだったが、クレオが母親の元へ戻る日は無情にも近づいていた――。



 ちなみに、第67回のヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門は、『ブラック・スワン』『十三人の刺客』『エッセンシャル・キリング』と、なかなかに濃いラインナップで、審査委員長はクエンティン・タランティーノ。淡々としたムードが漂う本作は、かなり異彩を放つ存在だっただろう(余談だが、審査員の満場一致にもかかわらず、コッポラとタランティーノが元恋人だったことから、一部から野暮な憶測が飛んだようだ)。


 また、2010年のナショナル・ボード・オブ・レビュー賞では、インディペンデント映画のトップ10にランクイン。本作のほかには、『アニマル・キングダム』『ゴーストライター』『モンスターズ/地球外生命体』といったアイデア性が際立つ作品が並ぶ。


 日本での公開は、2011年の4月。この年は『ハリー・ポッター』シリーズの完結編『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』や『英国王のスピーチ』『ソーシャル・ネットワーク』などが公開され、かなり豊作だった印象だ。『SOMEWHERE』と同時期公開の作品も、『ブルーバレンタイン』や『キッズ・オールライト』など、傑作がひしめいている。


 ただその中でも、仮に受賞歴を抜きにしても、やはりこの『SOMEWHERE』は特別な輝きに満ちている。何が起こるわけでもない、100分に満たない小品ではあれど、そのぶん公開から10年経っても、何ら古びることなく、観る者を優しく包み込む。それはきっと、「心の聖域」ともいえる“不可侵の安らぎ”を、綴じ込めているからであろう。


PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. SOMEWHERE
  4. 『SOMEWHERE』孤独の描き手、ソフィア・コッポラ監督が紡ぐ「ひとときの救済」