1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ブリット
  4. 『ブリット』カーチェイスの新たな地平を築いた、’60年代を代表する刑事ドラマ
『ブリット』カーチェイスの新たな地平を築いた、’60年代を代表する刑事ドラマ

Bullitt ©1968, Package Design & Supplementary Material Compilation ©2008 Warner Bros.Entertainment Inc. Distributed by Warner Home Video. All Rights Reserved.

『ブリット』カーチェイスの新たな地平を築いた、’60年代を代表する刑事ドラマ

PAGES


Index


当初は乗り気ではなかったスティーブ・マックイーンの代表作



 筆者はクルマに全く興味がない。一応免許は持っているけれど、完全なペーパードライバーである。フェラーリやランボルギーニ、ポルシェを見てもテンションは全然上がらない。何の感情も沸き起こらない。そう、完全なるクルマ不感症なのである。


 そんな筆者でも、スティーブ・マックイーン主演の映画『ブリット』(68)のカーチェイスには心底シビれた。フォード・マスタングとダッジ・チャージャーの、およそ10分に及ぶ激しいバトル。サンフランシスコの地形を巧みに利用した撮影と編集に、「これぞ映画だ!」と感激したものだ。当時の観客も、未知なる映像体験に度肝を抜かれたことだろう。この作品のカーチェイスは映画史の伝説となり、後続のカーアクション演出を決定的に変えてしまう。


 一体、『ブリット』のカーチェイスは何が新しかったのか?その説明は後述するとして、作品の成り立ちを簡単に説明しておこう。原作は、ミステリー作家ロバート・L・フィッシュの『Mute Witness(無言の目撃者)』。実は、元のシナリオにカーチェイスは存在していなかった。最初の草稿では、フランク・ブリット警部補は事件を一度も解決したことがない、敏腕刑事とはかけ離れたキャラ設定。車での追いかけっこなんぞ、もってのほかだったのである。



『ブリット』予告


 スペンサー・トレイシーを主演に想定されていたシナリオは、彼の死によって企画自体が暗礁に乗り上げてしまい、巡り巡ってスティーブ・マックイーンとプロデューサーのフィリップ・ダントーニの元へ。この時点で、ダントーニは地味すぎるシナリオに派手な追跡劇を加え、舞台もボストンからサンフランシスコに変更した。当時のサンフランシスコ市長が映画ロケの誘致に熱心で、何かと撮影の便宜をはかっていたからだ。カーチェイスのために複数の道路を封鎖したり、夜のサンフランシスコ国際空港を占拠したり。今では考えられないほど、シネマ・ファーストな撮影が可能だったのである。


 ところが肝心のスティーブ・マックイーンが、この企画に乗り気じゃない。若い頃から血気盛んだった彼は警察とのトラブルが多く、刑事を演じることに抵抗があったのだ。「プロフェッショナルとして、なんなんだその理由!」と個人的には思いますが、当時の妻ニール・アダムスの説得もあって、どうにかこうにか重い腰を上げることに。


 結果は大成功だった。マックイーンが立ち上げたソーラー・プロダクションの第一回製作作品となった本作は、全米年間興行収入ランキング5位の大ヒットを記録。当初は及び腰だったにも関わらず、彼の代表作となってしまったのである。





PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ブリット
  4. 『ブリット』カーチェイスの新たな地平を築いた、’60年代を代表する刑事ドラマ