1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2
  4. 『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2』ロバートゼメキスが「チキン!」に込めた自戒の念とは
『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2』ロバートゼメキスが「チキン!」に込めた自戒の念とは

『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2』ロバートゼメキスが「チキン!」に込めた自戒の念とは

Index


ちょっとした「オマケ」から続編に!



 公開時に特大ヒットを飛ばした『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)。ビデオリリース時に監督のロバート・ゼメキスはちょっとしたオマケを加えた。映画のラスト。未来から戻ってきたドクはマーティとジェニファーを連れ、デロリアンに乗り、空を飛んでまたもや“未来へ戻って”いく。暗転した画面に大きくこう出る。


 「TO BE CONTINUED…(つづく)」


 危機また危機の展開から、かつての連続活劇映画を匂わせたかったのだろう。キレイにオチのついた映画に「つづく」の文字は、なんとも遊び心に溢れたジョークのように思えた。しかし、そんな遊び心が通じない人種がいた。スタジオのプロデューサーである。


 「つづく」と言うなら続きはあるんだろうな! 観客も観る気マンマンだぞ! 無いなんて聞かないぞ! 作る気が無いんなら別のスタッフで作ってやる!



(C) 1989 Universal Studios. All Rights Reserved.


 そう挑発されたロバート・ゼメキス。彼にとって『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は念願がようやく叶った作品で、思い入れも強かった。また難産でもあったため「あとはどうぞご勝手に」といった気持ちにもなれなかった。自分の預かり知らないところで勝手に続編が作られて“シリーズ”の評価が落ちるなんてのは悪夢だった。


 ゼメキスはプロデューサーの挑発にまんまと乗り。すでに『ロジャーラビット』(88)の制作に入っていたにも拘らず、その激務の合間を縫って『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part.2』(89)の制作に入ったのであった。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

新着うんちく

NEWS / 特集

人気うんちく

上映中のおすすめ作品

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2
  4. 『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2』ロバートゼメキスが「チキン!」に込めた自戒の念とは