1. CINEMORE(シネモア)
  2. Director‘s Interview
  3. スタジオライカ最新作『ミッシング・リンク』クリス・バトラー監督×八代健志監督リモート対談 ストップモーションの可能性を広げたい【Director's Interview Vol.91】
スタジオライカ最新作『ミッシング・リンク』クリス・バトラー監督×八代健志監督リモート対談 ストップモーションの可能性を広げたい【Director's Interview Vol.91】

スタジオライカ最新作『ミッシング・リンク』クリス・バトラー監督×八代健志監督リモート対談 ストップモーションの可能性を広げたい【Director's Interview Vol.91】


前作『KUBO/二本の弦の秘密』(16)から4年。創業から15年に渡り、ストップモーションアニメーションの第一線を走り続けるスタジオ、ライカの最新作『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』がついに2020年11月13日(金)、全国公開される。



 

公開に先駆け、今作の監督・脚本を務めたクリス・バトラー氏と、各国の映画祭で数々の賞を獲得したストップモーション短編アニメーション作品『ごん-GON,THE LITTLE FOX-』(19)の監督・八代健志氏とのリモート対談を実施。


お互いの作品の根底にある、ストップモーションへの熱い想いを語ってもらった。


Index


『ごん』に感じるシンパシー



八代:まずは『ミッシング・リンク』の日本公開おめでとうございます。僕らストップモーションをやっている人間は、ライカが新作を出すといろんな期待を込めて見てしまいますが、僕らの想像を超える、期待通りの素晴らしい作品でした。


ライカの作品は「現実にないものをいかに作り出すか」というアニメーションの命題に、すごくまっすぐに向かっていますよね。アニメーションの一つの方向性の、その最先端の表現としてさらに一歩進化している、と感じました。


クリス:僕も八代監督の『ごん-GON,THE LITTLE FOX-』(以下『ごん』)を拝見しました。正直にいうと、心折られましたよ。ズタズタです(笑)。本当に心からこの作品が好きですし、傑出した作品だと思います。




アートディレクションや全体の色味も素晴らしかったし、人形の荒く削られたようなタッチも、前作『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』で僕たちが参考にしたものを思い出すものがありました。


また、何より撮影が素晴らしい。構図がとてもエレガントで映画的だと思いました。ストップモーションの撮影は必ず屋内スタジオで撮るので、どうしても閉鎖的な、スペースの限界を感じさせるようなカメラワークになってしまうことがありますが、それを全く感じません。美しい野山の風景がどこまでも続いて行くようでした。こんなにゴージャスな作品はしばらく見ていなかったです。


八代:本当に嬉しいです。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. Director‘s Interview
  3. スタジオライカ最新作『ミッシング・リンク』クリス・バトラー監督×八代健志監督リモート対談 ストップモーションの可能性を広げたい【Director's Interview Vol.91】