1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 真夜中のカーボーイ
  4. 『真夜中のカーボーイ』成人指定でもアカデミー賞を獲得した、底辺で生きる若者たちの物語
『真夜中のカーボーイ』成人指定でもアカデミー賞を獲得した、底辺で生きる若者たちの物語

『真夜中のカーボーイ』成人指定でもアカデミー賞を獲得した、底辺で生きる若者たちの物語

Index


成人指定を受けた映画が初めてアカデミー作品賞を獲得



 見終わった後も、引きずってしまう映画がある。その残像がずうっとこちらの心と体の奥に残り、強烈な印象をふりきることができない。『真夜中のカーボーイ』はそういうタイプの映画ではないだろうか。特に青春期にこの映画に出会ってしまうと、その大きな力から逃れられなくなる……。


 初めてアメリカで上映されたのは1969年。最近ではクエンティン・タランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(19)で描かれた時代だ。あの映画からも分かるように、69年は時代の転換点だった。アメリカ全土でヴェトナム反戦運動が盛り上がり、愛と平和をテーマにしたウッドストックでのロック・フェスティバルも大きな成功を収めた。また、宇宙開発が盛んな時代で、人類初の月面着陸も大ニュースとなった。人種差別を乗り越えるための公民権運動や学生運動も盛り上がったが、新しい大統領に保守派のニクソンが就任し、アメリカのサイレント・マジョリティを代弁することになった。また、チャールズ・マンソンの一家によるシャロン・テート殺害事件も起きた。新しい社会や文化が出現する一方、反動ともいえる出来事も起きた。



 そんな69年の映画界でアカデミー作品賞を受賞したのは『真夜中のカーボーイ』だった(受賞式は70年)。この映画は公開時、“X指定”(成人指定)を受けていたが、アカデミー賞史上で初めて成人指定の映画が作品賞に輝き、監督賞、脚色賞も手にしている(後にX指定は解除)。そんなオスカー受賞から今年でちょうど50年が経過。この映画の製作背景を振り返ってみようと思う。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 真夜中のカーボーイ
  4. 『真夜中のカーボーイ』成人指定でもアカデミー賞を獲得した、底辺で生きる若者たちの物語