1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. コンテイジョン
  4. 『コンテイジョン』我々はどう「動く」べきか――新型コロナを予見した細菌パニック映画
『コンテイジョン』我々はどう「動く」べきか――新型コロナを予見した細菌パニック映画

(c)Photofest / Getty Images

『コンテイジョン』我々はどう「動く」べきか――新型コロナを予見した細菌パニック映画

※本記事は物語の結末に触れているため、映画をご覧になってから読むことをお勧めします。


Index


9年前の映画とは思えぬリアルタイム感



 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。4月4日時点、全世界の感染者数は106万人を超え、死者は5万人を上回っている。東京都の1日の新規感染者数は、約120人にも上ってしまった。映画業界では公開延期や制作延期、或いは中止が相次ぎ、甚大な被害を及ぼしている。現段階で、明確な終息のめどは見えていない。


 そんななか、1本の映画が注目を浴びている。この事態を予見していたかのような細菌パニック映画『コンテイジョン』(11)だ。


 「Contagion=伝染」の名を冠するこの作品は、「Nothing spreads like fear=恐怖より早く広がるものはない」という本国のキャッチコピーの通り、未知のウイルスが全世界で蔓延し、日常が加速度的に崩壊していくさまを、徹底的な化学考証に基づいて描いている。まさに、我々が生きる「今・この瞬間」とオーバーラップする内容だ。


 香港で、謎のウイルス感染が発生。現地の人々はおろか、香港からアメリカ・イギリス・日本に帰国した人々が一斉に体調を崩し、数日後に死亡する。その後も、ウイルスは驚異的なスピードで世界に飛散。米国疾病予防管理センター(CDC)や世界保健機関(WHO)は治療法を探るが、原因の究明とワクチンの開発は困難を極め、その間にも感染者は爆増。さらに著名ブロガーが陰謀論を訴え、各地で暴動が頻発。世界は未曽有の危機に陥ることになる……。



 『コンテイジョン』は、スティーヴン・ソダーバーグ監督、マット・デイモン、ジュード・ロウ、ローレンス・フィッシュバーン、マリオン・コティヤール、ケイト・ウィンスレット、グウィネス・パルトロウといった豪華なメンバーが集結。脚本は、『不都合な真実』(06)の製作等で知られ、『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』(20)が控えるスコット・Z・バーンズが務めた。


 皮肉な話だが、新型コロナウイルスの被害が拡大するにつれ、人気が再燃。劇場公開時の全世界興行収入は1億3,500万ドル超、日本での興行収入は約3億6,800万円とヒットを記録したが、そこから約9年が経った4月4日時点のiTunesレンタルランキングでは、本作が7位にランクイン。日本でも9位に入っている。上位の作品がほとんど新作かセール品の状態でのこの数字は、明らかに異常だ。同日、Netflixジャパンの映画ランキングでも第1位に躍り出た。またHBOでは、2週間連続で最も視聴されたタイトルになったという。これらは、本作の注目度を示す1つの指標といえる。


 「芸術は現実を予見する」というが、『コンテイジョン』の恐ろしさは、我々が今まさに瀕している事態を9年前の時点で描いているということ。それだけではなく、本作はその先に起こりうる「リスク」をも見せてくれる。


 我々は今、日々をどう過ごせばいいのか――。現実が映画と同じ末路をなぞっていかないためにも、この映画から学び、意識を高めることで「予防」としていただきたい。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. コンテイジョン
  4. 『コンテイジョン』我々はどう「動く」べきか――新型コロナを予見した細菌パニック映画