1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ワイルドバンチ
  4. 『ワイルドバンチ』西部開拓時代の神話を破壊した、最後のウェスタン
『ワイルドバンチ』西部開拓時代の神話を破壊した、最後のウェスタン

(C) 2011 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.

『ワイルドバンチ』西部開拓時代の神話を破壊した、最後のウェスタン

PAGES


Index


時代の外にいる男、サム・ペキンパー



 「言ってみればサムは今の時代の外にいる男だと思う。今日、彼が生きている自体が不思議なことさ。人類が月に飛んでいく時代に昔のガンファイターが生きているという感じなのだ」(ダスティン・ホフマンのインタビューより引用*)


 いきなりダスティン・ホフマンのコメントからこの稿を始めさせて頂いたが、もちろん“サム”とはサム・ペキンパーのことだ。『わらの犬』(71)で仕事をした彼に対する、率直な人物評である。それだけダスティン・ホフマンの目には、時代遅れのアウトローに映ったのだろう。


 サム・ペキンパーは、終生“血”と“暴力”を描き続けた孤高の映画監督である。Bloody Sam(血まみれのサム)とも称された残虐描写で、一部の映画ファンからは熱狂的に歓迎され、一部の保守的な映画批評家からは強烈な批判を浴びた。しかしながら、人の意見なんぞどこ吹く風。ペキンパーは己の映画に絶対の自信を持ち、決して妥協を許さず、終生そのスタイルを崩すことはなかった。


 そして彼は、時代遅れということだけでなく、製作現場でのゴタゴタが絶えない“ハリウッドきっての反逆児”でもあった。作品のためなら、スケジュールや予算はガン無視。プロデューサーとケンカすることはしょっちゅうで、『シンシナティ・キッド』(65)ではお偉方に噛み付き、撮影3日目で解雇される憂き目を味わっている(監督はノーマン・ジュイソンに交替した)。


 自信過剰、唯我独尊。確かにサム・ペキンパーは、俺様スタイルな映画監督だったのかもしれない。だが彼のインタビューなどを読む限り、少なくとも筆者はそのあまりに真っ正直で率直な物言いに、チャーミングな人間性を感じてしまう。


 「最近、気に入った映画はありますか?」


 「自分の作品だよ。俺はサイコーな映画を作っている」


 「『ゴッドファーザー』」はどうですか?」


 「見たことはないが、コッポラは大嫌いだ」


 「なぜですか?」


 「なぜなら、この映画は素晴らしいと聞いているけど、俺が好きになりたい映画は自分の映画だけだからだ。他のクソ野郎に良い映画を作って欲しくない」(サム・ペキンパーへのインタビューより引用


*:「ニューシネマの映画作家たち―創作の秘密」(田山力哉著、ダヴィット社)





PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ワイルドバンチ
  4. 『ワイルドバンチ』西部開拓時代の神話を破壊した、最後のウェスタン