1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ロビン・フッド
  4. 『ロビン・フッド』三つの『ロビン・フッド』と、ふたりのケヴィンの奇妙な関係
『ロビン・フッド』三つの『ロビン・フッド』と、ふたりのケヴィンの奇妙な関係

(c)Photofest / Getty Images

『ロビン・フッド』三つの『ロビン・フッド』と、ふたりのケヴィンの奇妙な関係

PAGES


Index


競作されてきたという歴史



 映画の企画はバッティングすることがある。同じ題材、或いは似た題材を描いた別々の映画が、同時期に製作されるということが起こるのだ。


 例えば、1988年。ピエール・ショデルロ・ド・ラクロの小説「危険な関係」を原作にした2本の映画が、競作になったことがある。1本は、スティーヴン・フリアーズ監督の『危険な関係』(88)。第61回アカデミー賞では作品賞など7部門で候補となり、脚色賞・美術賞・衣装デザイン賞を受賞するなど高い評価を得た。もう1本は、ミロス・フォアマン監督の『恋の掟』(89)。この作品は、『危険な関係』の公開・高評価を受けて、公開時期を1年ずらしたという経緯がある。奇遇なのは、『恋の掟』も第62回アカデミー賞で衣装デザイン賞の候補となっていたという点。こちらは受賞とならなかったが、18世紀のパリを描いた“アメリカ映画”は、公開時期を調整したことで、どちらも高い評価を得ることとなったのである。


 このような例は枚挙にいとまがなく、1998年には、地球に彗星が衝突するパニックを描いた『ディープ・インパクト』(98)が5月に、隕石が衝突するパニックを描いた『アルマゲドン』(98)が7月に、それぞれ北米で公開されたという例もある。また日本でも、小惑星探査機“はやぶさ”の業績を題材にした、角川映画の『はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH』(11)、20世紀フォックスの『はやぶさ/HAYABUSA』(11)、東映の『はやぶさ 遥かなる帰還』(12)、松竹の『おかえり、はやぶさ』(12)といった4本の映画が2011年から2012年にかけて立て続けに製作されたという事例もある。


『アルマゲドン』予告


 それぞれが異なる視点で描かれた“全く別の作品”ではあるのだが、公開時期が重なった同じ題材の作品は、後発であればあるほど観客が食傷気味となり、当然のことながら興行的には不利になるという側面を持っている。その点で、『ディープ・インパクト』のおよそ倍近い興行収入を日米の市場で共に稼いだ『アルマゲドン』の例は特異だといえる。


 また興行的なリスクについては、超高層ビル火災を題材にしたワーナー・ブラザースの「THE TOWER」と20世紀フォックスの「THE GLASS INFERNO」という異なる小説の映画化を計画していた2社が、競うことなく共同製作したという成り立ちのある『タワーリング・インフェルノ』(74)の事例が雄弁だ。


 実は、ケヴィン・コスナー主演の『ロビン・フッド』(91)もまた、複数の企画が同時期に立ち上がり、競作となった映画だったのである。



PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ロビン・フッド
  4. 『ロビン・フッド』三つの『ロビン・フッド』と、ふたりのケヴィンの奇妙な関係