1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. MONOS 猿と呼ばれし者たち
  4. 『MONOS 猿と呼ばれし者たち』地獄のような神話世界によって問う人間の暴力性
『MONOS 猿と呼ばれし者たち』地獄のような神話世界によって問う人間の暴力性

(c) Stela Cine, Campo, Lemming Film, Pandora, SnowGlobe, Film i Väst, Pando & Mutante Cine

『MONOS 猿と呼ばれし者たち』地獄のような神話世界によって問う人間の暴力性

PAGES


Index


時代も場所も超越した若き兵士たちの物語



 『MONOS 猿と呼ばれし者たち』(19)は説明が難しい作品である。敢えて言うならこうだ。『地獄の黙示録』(79)のラスト30分を、より生々しく拡大して見せた映画だ、と。


 場所も時代も定かではない山岳地帯、少年少女たちがブラインドサッカーに興じる美しいシーンで映画は幕を開ける。しかし、実は彼らは民兵組織の兵士であり、誘拐した「博士」と呼ばれるアメリカ人女性を監禁する任務についていることが、徐々に明らかになっていく。


 本作の監督、アレハンドロ・ランデスはエクアドル人の父と、コロンビア人の母のもとに生まれ、アメリカの大学で学位を取得、ジャーナリズムの世界に入った。そんな彼は、本作のモチーフをコロンビア内戦に求めたが、国や時代を特定するような構成は避けたという。その意図はどこにあったのか。



『MONOS 猿と呼ばれし者たち』(c) Stela Cine, Campo, Lemming Film, Pandora, SnowGlobe, Film i Väst, Pando & Mutante Cine


 「時代も場所も特定できないような、時間を超越した世界を作ろうとしました。(中略)この映画は、国境を越えて、それ自体がひとつの世界として存在することを目指しました」


 ランデス監督は、一つの閉ざされた世界を構築し、そこで「ある問い」を発するための実験を行ったのだと、筆者には思える。





PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. MONOS 猿と呼ばれし者たち
  4. 『MONOS 猿と呼ばれし者たち』地獄のような神話世界によって問う人間の暴力性